2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2015年07月22日

実際にprofileを作成してみました

実際にprofileを作成してみました

デフォルトの値が設定されるか?
プロファイルに値を設定せず作成してみました


SQL> create profile TEST_PFOFILE LIMIT
2 ;

プロファイルが作成されました。


プロファイルを確認してみました
SQL> select * from dba_profiles;

PROFILE    RESOURCE_NAME    RESOURCE LIMIT
--------------------    --------------------------------    --------    ---------------

TEST_PFOFILE    COMPOSITE_LIMIT     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    SESSIONS_PER_USER     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    CPU_PER_SESSION     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    CPU_PER_CALL     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    LOGICAL_READS_PER_SESSION    KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    LOGICAL_READS_PER_CALL     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    IDLE_TIME     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    CONNECT_TIME     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    PRIVATE_SGA     KERNEL     DEFAULT
TEST_PFOFILE    FAILED_LOGIN_ATTEMPTS     PASSWORD    DEFAULT
TEST_PFOFILE    PASSWORD_LIFE_TIME     PASSWORD    DEFAULT
TEST_PFOFILE    PASSWORD_REUSE_TIME     PASSWORD    DEFAULT
TEST_PFOFILE    PASSWORD_REUSE_MAX     PASSWORD    DEFAULT
TEST_PFOFILE    PASSWORD_VERIFY_FUNCTION     PASSWORD    DEFAULT
TEST_PFOFILE    PASSWORD_LOCK_TIME     PASSWORD    DEFAULT
TEST_PFOFILE    PASSWORD_GRACE_TIME     PASSWORD    DEFAULT

値を設定していないので
DEFAULTと表示されてます

このDEFAULTが
FAILED_LOGIN_ATTEMPTSだと
デフォルト 10ってことになっている??
posted by Oracclle at 06:00 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロファイルの作成時のデフォルト値

プロファイルの作成時のデフォルト値

FAILED_LOGIN_ATTEMPTS
デフォルト 10
ユーザーがログインを試行して失敗する最大回数
----------------------------------------------------------------
PASSWORD_GRACE_TIME
デフォルト 7
パスワードが期限切れになる前に、ユーザーがパスワードを変更するための日数を設定します。
----------------------------------------------------------------
PASSWORD_LIFE_TIME
デフォルト 180
ユーザーが現行のパスワードを使用できる日数を設定します。
----------------------------------------------------------------
PASSWORD_LOCK_TIME
デフォルト 1
ログインを指定の回数だけ連続して失敗した後に、アカウントがロックされる日数を設定します。
----------------------------------------------------------------
PASSWORD_REUSE_MAX
デフォルト UNLIMITED
現行のパスワードを再利用できるようになるまでに必要なパスワード変更の回数を設定します。
----------------------------------------------------------------
PASSWORD_REUSE_TIME
デフォルト UNLIMITED
パスワードを再利用できない日数を設定します。
----------------------------------------------------------------
posted by Oracclle at 05:53 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロファイルの確認 変更

プロファイルの確認

dba_users

こちらのテーブルで確認します

SQL> select username,profile from dba_users;

USERNAME    PROFILE
------------------------------    ----------------------
TEST    DEFAULT

ユーザのTESTには、DEFAULTのプロファイルが使用されている事を確認

このDEFAULTのプロファイルを「NEW_PROFILE」に変更してみます

プロファイルの変更
ALTER USER TEST PROFILE new_profile ;

プロファイルの確認
SQL> select username,profile from dba_users;

USERNAME    PROFILE
------------------------------    ------------------------------
TEST    NEW_PROFILE

プロファイルの変更ができました


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 05:42 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月21日

oracleのprofileを作成してみました

oracleのprofileを作成してみました

CREATE PROFILE new_profile LIMIT
FAILED_LOGIN_ATTEMPTS 5
PASSWORD_LIFE_TIME 60
PASSWORD_REUSE_TIME 60
PASSWORD_REUSE_MAX 5
PASSWORD_VERIFY_FUNCTION NULL
PASSWORD_LOCK_TIME 1/24
PASSWORD_GRACE_TIME 10;

その後、確認

SQL> select * from dba_profiles WHERE PROFILE LIKE 'NEW_%';

PROFILE   RESOURCE_NAME   RESOURCE   LIMIT  
--------------------   --------------------------------   --------   ---------------
NEW_PROFILE   COMPOSITE_LIMIT    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   SESSIONS_PER_USER    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   CPU_PER_SESSION    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   CPU_PER_CALL    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   LOGICAL_READS_PER_SESSION   KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   LOGICAL_READS_PER_CALL    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   IDLE_TIME    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   CONNECT_TIME    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   PRIVATE_SGA    KERNEL    DEFAULT
NEW_PROFILE   FAILED_LOGIN_ATTEMPTS    PASSWORD   5
NEW_PROFILE   PASSWORD_LIFE_TIME    PASSWORD   60
NEW_PROFILE   PASSWORD_REUSE_TIME    PASSWORD   60
NEW_PROFILE   PASSWORD_REUSE_MAX    PASSWORD   5
NEW_PROFILE   PASSWORD_VERIFY_FUNCTION    PASSWORD   NULL
NEW_PROFILE   PASSWORD_LOCK_TIME    PASSWORD   .0416
NEW_PROFILE   PASSWORD_GRACE_TIME    PASSWORD   10

=============================
作成時
PASSWORD_LOCK_TIME 1/24

確認時
PASSWORD_LOCK_TIME   .0416

これが
PASSWORD_LOCK_TIME 1/24

1時間のこと

Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 21:15 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PASSWORD_LOCK_TIME 1/24

アカウントがロックされる日数

PASSWORD_LOCK_TIME 1/24

1時間のこと
posted by Oracclle at 21:01 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月15日

sqlplus内での「@?」

sqlplus内での 「@?」

実際に、 「@?」のみを実行してみました

SQL> @?
SP2-0310: ファイル"D:\app\test\product\11.1.0\db_1.sql"をオープンできません。


こちらは「ORACLE_HOME」になるようです
D:\app\test\product\11.1.0\


「@?」

「ORACLE_HOME」であるとのこと
posted by Oracclle at 05:38 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Statspackをインストールしてみました(11g r1)

Statspackをインストールしてみました(11g r1)

SQLPLUSにSYSDBA権限でログインし
spcreate.sqlファイルを実行することで
インストールするようです

C:\Users\test>sqlplus / as sysdba
SQL> @?/rdbms/admin/spcreate.sql

perfstat_passwordに値を入力してください :パスワードを入力
default_tablespaceに値を入力してください:表領域を入力
temporary_tablespaceに値を入力してください:一時表領域を入力

これだけで
Statspackをインストール完了しました

-------------------------------------------------------------------------
今回のOracleのバージョン
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
-------------------------------------------------------------------------
posted by Oracclle at 05:27 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Statspackをインストールために必要なsqlファイル

Statspackをインストールために必要なsqlファイルのパス

自宅のPCで確認してみました

spcreate.sqlファイル
こちらがStatspackをインストールため必要なようです

そのSQLファイルのパスは

D:\app\test\product\11.1.0\db_1\RDBMS\ADMIN

こちらの配下に
spcreate.sqlファイル
が存在していました

posted by Oracclle at 05:13 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月09日

DIAGNOSTIC_DESTのパスは

DIAGNOSTIC_DESTのパスは
自動診断リポジトリ(ADR)ホーム

⁄diag⁄rdbms⁄⁄trace⁄
(例)
d:\app\test\diag\rdbms\orcl\orcl\trace

⁄diag⁄rdbms⁄⁄cdump⁄
(例)
d:\app\test\diag\rdbms\orcl\orcl\cdump


SQL> show parameter diagnostic


NAME   TYPE   VALUE   
-----------   -----------   -----------
diagnostic_dest   string    D:\APP\TEST


BACKGROUND_DUMP_DEST
USER_DUMP_DEST
CORE_DUMP_DEST
これら3つの初期化パラメーターが

DIAGNOSTIC_DESTに変更になったようです


BACKGROUND_DUMP_DESTで指定したディレクトリのアラート・ファイルには、重要なデータベース・イベントおよびメッセージが記録されます。

USER_DUMP_DESTには、ユーザー・プロセスのかわりに、サーバーがデバッグ・トレース・ファイルを書き込むディレクトリのパス名を指定します。

CORE_DUMP_DESTは主にUNIXのパラメータであるため、ご使用のプラットフォームではサポートされていない場合があります。Oracleでコア・ファイルをダンプするディレクトリを指定します。
posted by Oracclle at 05:07 | ニューヨーク ☁ | オラクル勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月08日

「DESC USER_TS_QUOTAS」を確認

「DESC USER_TS_QUOTAS」を確認

USER_TS_QUOTAS
現行のユーザーに対する表領域の割当て制限を示します

SQL> DESC USER_TS_QUOTAS
名前    NULL?    型
----------------    --------    ----------------
TABLESPACE_NAME    NOT   NULL    VARCHAR2(30)
BYTES      NUMBER
MAX_BYTES      NUMBER
BLOCKS      NUMBER
MAX_BLOCKS      NUMBER
DROPPED      VARCHAR2(3)


確認したORACLEのバージョン
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
posted by Oracclle at 07:00 | ニューヨーク ☀ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DBMS_METADATA.GET_DDLの引数は、

GET_DDLの使い方は?

DBMS_METADATA.GET_DDLの引数は、
・第1引数:オブジェクトのタイプ(TABLE、INDEX、TABLESPACEなど)
・第2引数:オブジェクト名
・第3引数:スキーマ名(オプション)//オブジェクトの所有者

GET_DDLの引数の第3引数が
オブジェクトの所有者ということ

OWNERであること
OWNERでログインして、第3引数:スキーマ名を省略するってことができるようです

(例)
SELECT DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX' ,'TEST_INDEX') FROM DUAL;

なんとなく、あっているようです
posted by Oracclle at 06:30 | ニューヨーク ☀ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月07日

Oracle Database:表・索引のDDL文の生成

Oracle Database:表・索引のDDL文の生成

ORACLEのDBMS_METADATA.GET_DDLの解説
DBMS_METADATA.GET_DDLの引数は、
・第1引数:オブジェクトのタイプ(TABLE、INDEX、TABLESPACEなど)
・第2引数:オブジェクト名
・第3引数:スキーマ名(オプション)
以降の引数もオプションです。


使用例
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('TABLE','EMP') from dual;


実際にGET_DDLを使ってみました
SQL> SELECT OWNER,INDEX_NAME,TABLESPACE_NAME FROM DBA_INDEXES WHERE INDEX_NAME ='TEST_INDEX';

OWNER   INDEX_NAME   TABLESPACE_NAME
-------------------------   -------------------------   -------------------------
TEST   TEST_INDEX   USERS

SQL> SHOW USER
ユーザーは"SYS"です。

SQL> SELECT DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX' ,'TEST_INDEX') FROM DUAL;
ERROR:
ORA-31603:
オブジェクト"TEST_INDEX"(タイプINDEX)がスキーマ"SYS"で見つかりません。
ORA-06512: "SYS.DBMS_SYS_ERROR", 行105
ORA-06512: "SYS.DBMS_METADATA", 行3261
ORA-06512: "SYS.DBMS_METADATA", 行4863
ORA-06512: 行1

レコードが選択されませんでした。
※SYSでもGET_DDLできない


作成したユーザ
SQL> SHOW USER
ユーザーは"TEST"です。
SQL>
SQL> SELECT DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX' ,'TEST_INDEX') FROM DUAL;

DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX','TEST_INDEX')
--------------------------------------------------------------------------------

CREATE INDEX "TEST"."TEST_INDEX" ON "TEST"."TEST_TABLE" ("EMP_ID")
PCTFREE

SYSでも他のユーザのDDLは取得できない
これで正しい形?

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 07:03 | ニューヨーク ☁ | SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験