2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2015年10月20日

Oracle Database In-Memoryを使うには

Oracle Database In-Memoryを使うには

そもそも
Oracle Database In-Memoryがよく分かりませんが

Oracle Database In-Memoryを導入するには


Enterprise Edition
でないとダメのようです

さらに

オプションが必要にあるようです
(やっぱり、追加でお金が必要のようです)


Oracle Database Standard Editionでは
Oracle Database In-Memoryは使えないようです

オプションもStandard Editionでは無理のようです


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 07:04 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月15日

SQL*Loader SYS/ORCL as sysdba

windows環境で実行

SQL*Loaderを取りあえず実行してみたい

テーブルに2レコードのみ
sqlldrコマンドからインポートしてみたい

コントロールファイルを作成
データファイルを作成(レコード2個のみ)

SQL*Loaderでデータを取り込むには
sqlldrコマンドでインポートするには

これで準備完了

あとは、

sqlldrコマンドをコマンドプロンプトから投入するのみ

実際に実行したコマンド(失敗)
sqlldr userid=SYS/ORCL control=a.ctl log=a.log
SQL*Loader-128: セッションを開始できません
ORA-28009: SYSでの接続はSYSDBAまたはSYSOPERで行う必要があります


SYSでログインして、今回の対象のテーブル確認できませんでした
ユーザがまずいようです

SYSに変更してやってみます

今回は
windows環境です

sqlldr 'SYS/ORCL as sysdba' a.ctl
Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.
コミット・ポイントに達しました。 - 論理レコード件数1
コミット・ポイントに達しました。 - 論理レコード件数2


うまくいったようです

sqlldrをSYSから行う
では、as sysdbaで接続して・・・・

'SYS/ORCL as sysdba'が迷いました

環境によって違う??感じ
こちは、失敗しました
sqlldr \'SYS/password AS SYSDBA\' sample.ctl
カンマと円マーク

違う環境では、このコマンドでよさそうだけど・・・・

今回はこちらで
SYS/ORCL as sysdba
sqlldr 'SYS/ORCL as sysdba' a.ctl
Oracle オラクル試験を受験


タグ:sqlldr
posted by Oracclle at 05:34 | ニューヨーク ☁ | sqlldr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月08日

テーブルのカラムを追加

テーブルのカラムを追加

Oracleでは、テーブルの最後に
カラム追加できたはず

逆に、最後にしか追加できなかったはず

こちらで最後に「last_col」というカラムを追加します
ALTER TABLE test1008 ADD (
last_col number(1) NOT NULL
);


SQL> desc test1008
名前   NULL?   型
----------------------   --------   ----------------------
EMP_ID   NOT NULL   CHAR(3)
EMP_NAME        VARCHAR2(10)
LAST_COL  NOT NULL   NUMBER(1)

無事、テーブルの最後に

カラムを追加できました

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:10 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月07日

rmanからのリストア リカバリも

rmanからのリストア リカバリも

rmanからのバックアップが失敗続きで

やっと先ほどうまくいったので

とりあえず

rmanからのリストアとリカバリとオープンまでの

確認のみしてみました

STARTUP MOUNT;
RESTORE DATABASE;
RECOVER DATABASE;
ALTER DATABASE OPEN;


すべてうまくいきました

とりあえず、良かったです

今後容量の問題になれば
実際に削除して容量を開けるか

初期化パラメーター
DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZEのサイズを大きくする必要がありそうです

alter system set DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE=3G scope=both;


Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 06:58 | ニューヨーク ☀ | rman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

容量増やしてみます 「ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限〜

容量増やしてみます 「ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限〜」

rmanのバックアップ

RMAN>backup database;

失敗するので

容量を増やしてみます
まず確認
SQL> show parameter DB_RECOVERY_
db_recovery_file_dest_size  big  integer   2G

こちらの2G→3Gにしてみます

alter system set DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE=3G scope=both;

Oracleの再起動後

もう一度

rmanのバックアップ
RMAN>backup database;

今度は、無事

バックアップ成功しました
エラーなかったです


Oracle オラクル試験を受験






posted by Oracclle at 06:50 | ニューヨーク ☀ | rman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日もう一度 rmanのバックアップしてみると

今日もう一度 rmanのバックアップしてみると

自宅のOracleのrmanのバックアップ

RMAN>backup database;

うまくいってません

今日、もう一度
rmanのバックアップしてみました

・・・が

RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00601: fatal error in recovery manager
RMAN-03004: コマンドの実行中に致命的エラーが発生しました
RMAN-00600: internal error, arguments [3045] [] [] [] []
RMAN-03009: backupコマンド(ORA_DISK_1チャネル上)が10/07/2015 06:26:28で失敗しました
ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限を超えています
ORA-19804: 52428800バイトのディスク領域を制限2147483648から再生できません


同じエラー変わらず

容量が足りないって事のようです

さすがに、今日成功するかと思いましたが

無理でした・・・

Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 06:45 | ニューヨーク ☀ | rman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月06日

rmanのバックアップが失敗するので

rmanのバックアップが失敗するので

「ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限を〜」

なので
今あるバックアップを削除してみることに

rmanのバックアップ先は

SQL> archive log list

アーカイブ先
USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST

SQL> show parameter db_recove

VALUE
D:\app\test\flash_recovery_area

直接ここから、バックアップを削除して

再度

RMAN>backup database;
実行しました

・・・が、また同じエラー・・・・

RMAN-00601: fatal error in recovery manager
RMAN-03004: コマンドの実行中に致命的エラーが発生しました
RMAN-00600: internal error, arguments [3045] [] [] [] []
RMAN-03009: backupコマンド(ORA_DISK_1チャネル上)が10/06/2015 06:52:21で失敗しました
ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限を超えています
ORA-19804: 52428800バイトのディスク領域を制限2147483648から再生できません

Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 06:55 | ニューヨーク ☀ | rman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RMAN>backup database;がエラーになる

RMAN>backup database;がエラーになる

自宅のoracle 11gで

rmanのバックアップ、リストア、リカバリの確認しようと

まず、

バックアップから

RMAN>backup database;
がエラーになります

DBGANY: Mismatched message length! [06:32:01.424] (krmiduem)
DBGANY: Mismatched message length! [06:32:01.427] (krmiduem)
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00601: fatal error in recovery manager
RMAN-03004: コマンドの実行中に致命的エラーが発生しました
RMAN-00600: internal error, arguments [3045] [] [] [] []
RMAN-03009: backupコマンド(ORA_DISK_1チャネル上)が10/06/2015 06:32:01で失敗しました
ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限を超えています
ORA-19804: 52428800バイトのディスク領域を制限2147483648から再生できません

容量がないから?
制限を超えている?

では削除すればいける?

これで削除すればいけるのでは?
RMAN>crosscheck archivelog all;
RMAN>delete expired archivelog all;

再度
RMAN>backup database;
実行してみました

しかし
またエラーです
DBGANY: Mismatched message length! [06:32:01.424] (krmiduem)
DBGANY: Mismatched message length! [06:32:01.427] (krmiduem)
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00601: fatal error in recovery manager
RMAN-03004: コマンドの実行中に致命的エラーが発生しました
RMAN-00600: internal error, arguments [3045] [] [] [] []
RMAN-03009: backupコマンド(ORA_DISK_1チャネル上)が10/06/2015 06:32:01で失敗しました
ORA-19809: リカバリ・ファイルの制限を超えています
ORA-19804: 52428800バイトのディスク領域を制限2147483648から再生できません


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:43 | ニューヨーク ☀ | rman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月01日

oracle redoログ resizeってできない?

oracle redoログ resizeってできない?

googleで「oracle redoログ resize」で検索しても

できそうな検索情報がありません

無理かもしれません・・・

試しに
alter database logfile group 2 ('D:\app\test\oradata\orcl\redo02.log') resize 55M;
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02231: ALTER DATABASEのオプションがないか、または無効です。


やっぱり?エラーになりました

redoログにresizeって無理っぽい感じがします・・・・


実際に試したオラクルのバージョンは
SQL> select * from v$version;
BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 06:18 | ニューヨーク ☔ | redoログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月18日

expとimpでindexも? 検証 impから

expとimpでindexも? 検証 impから

テーブルとインデックスとデータの削除が完了したので
続いて、インポートしてみます

このインポートで、インデックスも一緒にインポートできるか??

使用するインポートコマンド
imp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp fromuser=TEST touser=TEST ignore=y


C:\Users\test>imp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp fromuser=TEST touser=TEST ignore=y

Import: Release 11.1.0.6.0 - Production on 金 9月 18 06:14:06 2015

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

接続先: Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options

エクスポート・ファイルはEXPORT:V11.01.00によって従来型パス経由で作成されました
JA16SJISTILDEキャラクタ・セットおよびAL16UTF16 NCHARキャラクタ・セットでインポートを実行します
. TESTのオブジェクトをTESTにインポートしています
. . 表 "TEST_TABLE"をインポートしています 4行インポートされました。
インポートは警告なしで正常終了しました。

無事、インポート終了しました

最後に確認してみます

SQL> select owner,table_name from dba_tables where table_name ='TEST_TABLE';
OWNER  TABLE_NAME
------------------------------  ------------------------------
TEST  TEST_TABLE

SQL> select index_name from dba_indexes where table_name ='TEST_TABLE';
INDEX_NAME
------------------------------
TEST_INDEX

SQL> select count(*) from test.test_table;

COUNT(*)
----------
4

テーブルとデータと
さらに、インデックスもexpとimpしても
一緒にエクスポートとインポートできていたようです

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:47 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

expとimpでindexも? 検証

expとimpでindexも? 検証

使用するエクスポートコマンド
exp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp owner=TEST

C:\Users\test>exp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp owner=TEST
Export: Release 11.1.0.6.0 - Production on 金 9月 18 06:05:16 2015
Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

接続先: Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
JA16SJISTILDEキャラクタ・セットおよびAL16UTF16 NCHARキャラクタ・セットでエクスポートを実行します

指定されたユーザーをエクスポートします...
. プリスキーマ・プロシージャ型オブジェクトとアクションをエクスポート中
. ユーザーTESTの外部関数ライブラリ名をエクスポート中
. PUBLICタイプのシノニムをエクスポート中
. プライベート・タイプのシノニムをエクスポート中
. ユーザーTESTのオブジェクト型定義をエクスポート中
TESTのオブジェクトをエクスポートします...
. データベース・リンクをエクスポート中
. 順序番号をエクスポート中
. クラスタ定義をエクスポート中
. TESTの表をエクスポートします... 従来型パス経由...
.. 表 TEST_TABLEをエクスポート中 4行エクスポートされました。
. シノニムをエクスポート中
. ビューをエクスポート中
. ストアド・プロシージャをエクスポート中
. 演算子をエクスポート中
. 参照整合性制約をエクスポート中
. トリガーをエクスポート中
. 索引タイプをエクスポート中
. ビットマップ、ファンクションおよび拡張可能索引をエクスポート中
. ポスト可能なアクションをエクスポート中
. マテリアライズド・ビューをエクスポート中
. スナップショット・ログをエクスポート中
. ジョブ・キューをエクスポート中
. リフレッシュ・グループと子をエクスポート中
. ディメンションをエクスポート中
. ポストスキーマ・プロシージャ型オブジェクトとアクションをエクスポート中
. 統計をエクスポート中
エクスポートは警告なしで正常終了しました。

エラーなく終了

インポートする前に
TESTユーザのテーブルとインデックス
あとデータ4件を削除します

SQL> DROP TABLE TEST.TEST_TABLE;
表が削除されました。

SQL> COMMIT;
コミットが完了しました。

SQL> select owner ,table_name from dba_tables where table_name='TEST_TABLE';
レコードが選択されませんでした。

SQL> select index_name from dba_indexes where table_name ='TEST_TABLE';
レコードが選択されませんでした。

TESTユーザのテーブルとインデックス
あとデータ4件を削除が完了しました

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:38 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

expとimpでindexも? 確認

expとimpでindexも? 確認

まず、TESTユーザのテーブルとインデックス
あとデータ4件の確認

こちらをexpして、impして確認してみたいと思います

SQL> show user
ユーザーは"TEST"です。
SQL> select table_name from user_tables;
TABLE_NAME
------------------------------
TEST_TABLE

SQL> select index_name from user_indexes;
INDEX_NAME
------------------------------
TEST_INDEX

SQL> select count(*) from test.test_table;
COUNT(*)
----------
4

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;


BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:34 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。