2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2015年10月08日

テーブルのカラムを追加

テーブルのカラムを追加

Oracleでは、テーブルの最後に
カラム追加できたはず

逆に、最後にしか追加できなかったはず

こちらで最後に「last_col」というカラムを追加します
ALTER TABLE test1008 ADD (
last_col number(1) NOT NULL
);


SQL> desc test1008
名前   NULL?   型
----------------------   --------   ----------------------
EMP_ID   NOT NULL   CHAR(3)
EMP_NAME        VARCHAR2(10)
LAST_COL  NOT NULL   NUMBER(1)

無事、テーブルの最後に

カラムを追加できました

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:10 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月18日

expとimpでindexも? 検証 impから

expとimpでindexも? 検証 impから

テーブルとインデックスとデータの削除が完了したので
続いて、インポートしてみます

このインポートで、インデックスも一緒にインポートできるか??

使用するインポートコマンド
imp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp fromuser=TEST touser=TEST ignore=y


C:\Users\test>imp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp fromuser=TEST touser=TEST ignore=y

Import: Release 11.1.0.6.0 - Production on 金 9月 18 06:14:06 2015

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

接続先: Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options

エクスポート・ファイルはEXPORT:V11.01.00によって従来型パス経由で作成されました
JA16SJISTILDEキャラクタ・セットおよびAL16UTF16 NCHARキャラクタ・セットでインポートを実行します
. TESTのオブジェクトをTESTにインポートしています
. . 表 "TEST_TABLE"をインポートしています 4行インポートされました。
インポートは警告なしで正常終了しました。

無事、インポート終了しました

最後に確認してみます

SQL> select owner,table_name from dba_tables where table_name ='TEST_TABLE';
OWNER  TABLE_NAME
------------------------------  ------------------------------
TEST  TEST_TABLE

SQL> select index_name from dba_indexes where table_name ='TEST_TABLE';
INDEX_NAME
------------------------------
TEST_INDEX

SQL> select count(*) from test.test_table;

COUNT(*)
----------
4

テーブルとデータと
さらに、インデックスもexpとimpしても
一緒にエクスポートとインポートできていたようです

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:47 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

expとimpでindexも? 検証

expとimpでindexも? 検証

使用するエクスポートコマンド
exp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp owner=TEST

C:\Users\test>exp SYSTEM/ORCL file=C:\Users\test\exp.dmp owner=TEST
Export: Release 11.1.0.6.0 - Production on 金 9月 18 06:05:16 2015
Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

接続先: Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
JA16SJISTILDEキャラクタ・セットおよびAL16UTF16 NCHARキャラクタ・セットでエクスポートを実行します

指定されたユーザーをエクスポートします...
. プリスキーマ・プロシージャ型オブジェクトとアクションをエクスポート中
. ユーザーTESTの外部関数ライブラリ名をエクスポート中
. PUBLICタイプのシノニムをエクスポート中
. プライベート・タイプのシノニムをエクスポート中
. ユーザーTESTのオブジェクト型定義をエクスポート中
TESTのオブジェクトをエクスポートします...
. データベース・リンクをエクスポート中
. 順序番号をエクスポート中
. クラスタ定義をエクスポート中
. TESTの表をエクスポートします... 従来型パス経由...
.. 表 TEST_TABLEをエクスポート中 4行エクスポートされました。
. シノニムをエクスポート中
. ビューをエクスポート中
. ストアド・プロシージャをエクスポート中
. 演算子をエクスポート中
. 参照整合性制約をエクスポート中
. トリガーをエクスポート中
. 索引タイプをエクスポート中
. ビットマップ、ファンクションおよび拡張可能索引をエクスポート中
. ポスト可能なアクションをエクスポート中
. マテリアライズド・ビューをエクスポート中
. スナップショット・ログをエクスポート中
. ジョブ・キューをエクスポート中
. リフレッシュ・グループと子をエクスポート中
. ディメンションをエクスポート中
. ポストスキーマ・プロシージャ型オブジェクトとアクションをエクスポート中
. 統計をエクスポート中
エクスポートは警告なしで正常終了しました。

エラーなく終了

インポートする前に
TESTユーザのテーブルとインデックス
あとデータ4件を削除します

SQL> DROP TABLE TEST.TEST_TABLE;
表が削除されました。

SQL> COMMIT;
コミットが完了しました。

SQL> select owner ,table_name from dba_tables where table_name='TEST_TABLE';
レコードが選択されませんでした。

SQL> select index_name from dba_indexes where table_name ='TEST_TABLE';
レコードが選択されませんでした。

TESTユーザのテーブルとインデックス
あとデータ4件を削除が完了しました

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:38 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

expとimpでindexも? 確認

expとimpでindexも? 確認

まず、TESTユーザのテーブルとインデックス
あとデータ4件の確認

こちらをexpして、impして確認してみたいと思います

SQL> show user
ユーザーは"TEST"です。
SQL> select table_name from user_tables;
TABLE_NAME
------------------------------
TEST_TABLE

SQL> select index_name from user_indexes;
INDEX_NAME
------------------------------
TEST_INDEX

SQL> select count(*) from test.test_table;
COUNT(*)
----------
4

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;


BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:34 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

expとimpでindexも?

expとimpでindexも?

expのログで
表  TEST_TABLEをエクスポート中  4行エクスポートされました。

テーブルがエクスポートされているの確認できます

一緒にindexも??
. 索引タイプをエクスポート中
. ビットマップ、ファンクションおよび拡張可能索引をエクスポート中
テーブルみたいに、明確にエクスポートされているかどうか?不明です

impのログでも
表  "TEST_TABLE"をインポートしています  4行インポートされました。

テーブルがインポートされているの確認できます

一緒にindexは?
こちら??
TESTのオブジェクトをTESTにインポートしています
テーブルみたいに、明確にインポートされているかどうか?不明です

-------------------------------------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;
BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:29 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月14日

rmanのlist backupとlist backup summaryの表示の違い

rmanのlist backupとlist backup summaryの表示の違い

まず、list backupの場合
RMAN> list backup
2> ;

リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています

バックアップ・セットのリスト
===================

BS Key   Type   LV   Size   Device Type  Elapsed Time  終了時間
-------   ----   --   ---------- -----------  ------------  --------
1   Full    1.07G   DISK  00:01:24  15-09-14
BPキー: 1 ステータス: AVAILABLE 圧縮: NO タグ: TAG20150914T070232
ピース名: D:\APP\TEST\FLASH_RECOVERY_AREA\ORCL\BACKUPSET\2015_09_14\O1_MF_NNNDF_TAG20150914T070232_BZCWMWPY_.BKP
バックアップ・セット1のデータファイルのリスト
File   LV   Type   Ckp SCN   Ckp時間   Name
----   --   ----   ----------   --------   ----
1    Full   1286083   15-09-14   D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\SYSTEM01.DBF
2    Full   1286083   15-09-14   D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\SYSAUX01.DBF
3    Full   1286083   15-09-14   D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\UNDOTBS01.DBF
4    Full   1286083   15-09-14   D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\USERS01.DBF

BS Key   Type   LV   Size   Device Type   Elapsed Time   終了時間
-------   ----   --   ----------   -----------   ------------   --------
2   Full    9.36M   DISK   00:00:05   15-09-14
BPキー: 2 ステータス: AVAILABLE 圧縮: NO タグ: TAG20150914T070232
ピース名: D:\APP\TEST\FLASH_RECOVERY_AREA\ORCL\BACKUPSET\2015_09_14\O1_MF_NCSNF_TAG20150914T070232_BZCWPPW6_.BKP
SPFILEも含まれます: 修正時間: 15-09-14
SPFILE db_unique_name: ORCL
含まれている制御ファイル: Ckp SCN: 1286111  Ckp時間: 15-09-14

RMAN>

続いて、list backup summaryの場合
RMAN> list backup summary;
バックアップのリスト
===============
Key   TY   LV   S   Device Type   終了時間   #Pieces   #Copies   Compressed   Tag
-------   --   --   -   -----------   --------   -------   -------   ----------   ---
1   B   F   A   DISK   15-09-14   1   1   NO   TAG20150914T070232
2   B   F   A   DISK   15-09-14   1   1   NO   TAG20150914T070232

うーん、違いは?
list backup すべて表示
list backup summary サマリー表示

list backupには
データファイル分とそれ以外が表示されている感じ??

------------------------------------
操作oracle バージョン
SQL> select * from v$version;
BANNER
--------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
------------------------------------
Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 07:57 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅のオラクルでrmanのバックアップ さらに続き

自宅のオラクルでrmanのバックアップ さらに続き

今度こそ、バックアップいけるはず
SQL> archive log list
データベース・ログ・モード   アーカイブ・モード
自動アーカイブ   有効

再度、rmanからバックアップ実行
RMAN> backup database
2> ;

backupが開始されました(開始時間: 15-09-14)
リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています
チャネル: ORA_DISK_1が割り当てられました
チャネルORA_DISK_1: SID=139 デバイス・タイプ=DISK
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00001 名前=D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\SYSTEM01.DBF
入力データファイル・ファイル番号=00002 名前=D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\SYSAUX01.DBF
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\USERS01.DBF
入力データファイル・ファイル番号=00003 名前=D:\APP\TEST\ORADATA\ORCL\UNDOTBS01.DBF
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-09-14)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-09-14)が完了しました
ピース・ハンドル=D:\APP\TEST\FLASH_RECOVERY_AREA\ORCL\BACKUPSET\2015_09_14\O1_MF_NNNDF_TAG20150914T
70232_BZCWMWPY_.BKP タグ=TAG20150914T070232 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:01:25
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
現行の制御ファイルをバックアップ・セットに組み込んでいます
バックアップ・セットに現行のSPFILEを組み込んでいます
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-09-14)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-09-14)が完了しました
ピース・ハンドル=D:\APP\TEST\FLASH_RECOVERY_AREA\ORCL\BACKUPSET\2015_09_14\O1_MF_NCSNF_TAG20150914T
70232_BZCWPPW6_.BKP タグ=TAG20150914T070232 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:02
backupが完了しました(完了時間: 15-09-14)

うまくいったようです

rmanからバックアップ実行は
アーカイブログモードでないといけない
これは、常識ってことですね・・・・

------------------------------------------------
自宅のオラクルのバージョン
SQL> select * from v$version;
BANNER
--------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
------------------------------------------------
Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 07:32 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅のオラクルでrmanのバックアップ 続き

自宅のオラクルでrmanのバックアップ 続き

rmanのバックアップでエラーが発生

アーカイブログの影響?
SQL> archive log list
データベース・ログ・モード   非アーカイブ・モード
自動アーカイブ   使用禁止
アーカイブ先   USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
最も古いオンライン・ログ順序   50
現行のログ順序   52

たぶん、ノーアーカイブだから
rmanのバックアップエラーになっていそう

アーカイブログに変更して
SQL> alter database archivelog
2 ;

データベースが変更されました。

SQL> archive log list
データベース・ログ・モード   アーカイブ・モード
自動アーカイブ   有効
アーカイブ先    USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
最も古いオンライン・ログ順序   50
アーカイブする次のログ順序   52
現行のログ順序   52

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 07:28 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅のオラクルでrmanのバックアップ

自宅のオラクルでrmanのバックアップ
(Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0)

oracleのrmanの事よく分かってません

自宅のパソコンに入れてる
オラクルでrmanのバックアップしてみます

コマンドがうまくいくかどうか?の確認です

RMAN>database backup

RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00558: 入力コマンド解析中にエラーが見つかりました。
RMAN-01009: 構文エラー: "database"が見つかりました: 次の1つが入ります: "allocate, amper, alter, advi
se, backup, beginline, blockrecover, catalog, change, connect, copy, convert, create, crosscheck, co
nfigure, duplicate, debug, delete, drop, exit, endinline, flashback, grant, host, import, {, library
, list, mount, open, print, quit, recover, register, release, replace, report, renormalize, reset, r
estore, resync, rman, run, rpctest, repair, revoke, set, setlimit, sql, switch, spool, startup, shut
down, send, show, test, transport, upgrade, unregister, validate"
RMAN-01007: 行: 1、列: 1、ファイル: standard input

コマンド間違いのようです
逆だったみたい

今度こそ

RMAN> backup database
2> ;
backupが開始されました(開始時間: 15-09-14)
リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています
チャネル: ORA_DISK_1が割り当てられました
チャネルORA_DISK_1: SID=142 デバイス・タイプ=DISK
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
DBGANY: Mismatched message length! [07:21:58.695] (krmiduem)
DBGANY: Mismatched message length! [07:21:58.695] (krmiduem)
MAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00601: fatal error in recovery manager
RMAN-03004: コマンドの実行中に致命的エラーが発生しました
RMAN-00600: internal error, arguments [3045] [] [] [] []
RMAN-03009: backupコマンド(ORA_DISK_1チャネル上)が09/14/2015 07:23:39で失敗しました
ORA-19602: NOARCHIVELOGモードでアクティブ・ファイルのバックアップまたはコピーはできません。

エラーが発生したようです

Oracle オラクル試験を受験


posted by Oracclle at 07:25 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅のオラクルのバージョンの確認

自宅のオラクルのバージョンの確認

SQL>select * from v$version;
BANNER
--------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

無料で入れたものです


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:59 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験