2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2015年08月21日

オラクルのデフォルト【DATA_PUMP_DIR】の場所を確認する方法は?

デフォルトの【DATA_PUMP_DIR】の場所の確認する方法とは?
オラクルのデータベースで、どんなSQL文で確認できるのでしょうか?確認できる手順を何度か経験していると分かりそうですが
「DATA_PUMP_DIR」ディレクトリが自動的に作られているようです
「DATA_PUMP」を使う際、必要になるディレクトリ「場所」です。
20180311_pasokon.jpg

その「DATA_PUMP_DIR」のデフォルトの場所(階層)を確認するには
オラクルSQL文としては
SELECT directory_name, directory_path FROM dba_directories
WHERE directory_name='DATA_PUMP_DIR';


結果
DIRECTORY_NAME
DATA_PUMP_DIR

DIRECTORY_PATH
D:\app\test\admin\orcl\dpdump\


デフォルトの場所と名前を確認する事ができました。

試しに使ってみるには
どこのパスを使えばいいのかって
階層を調べるって事。
デフォルトの場所が分ったら
実際に使う時には、どこに設定するかって事を


考えて設定する事が必要になりそうです。

実際には、やっぱり各自の決めた所で
実行するのがいいのかな??

デフォルト状態のまま使わない方がいいみたいですね。
独自で設定した方がいいみたい。
Oracle オラクル試験を受験






windows linux excelなど困ったこと
オラクルデータベースの
デフォルトの「DATA_PUMP_DIR」に
インポート、エクスポートする時に使われる場所階層という事になります。

この作業をする上で分かっておく知っておく事が必要になるという事ですね。

インポートなどの場所をデフォルトでなく
独自に設定して
その階層で利用するように変更、設定するって事ですね。



posted by Oracclle at 06:36 | ニューヨーク ☁ | Data Pump | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。