2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2015年07月15日

Statspackをインストールしてみました(11g r1)

Statspackをインストールしてみました(11g r1)

SQLPLUSにSYSDBA権限でログインし
spcreate.sqlファイルを実行することで
インストールするようです

C:\Users\test>sqlplus / as sysdba
SQL> @?/rdbms/admin/spcreate.sql

perfstat_passwordに値を入力してください :パスワードを入力
default_tablespaceに値を入力してください:表領域を入力
temporary_tablespaceに値を入力してください:一時表領域を入力

これだけで
Statspackをインストール完了しました

-------------------------------------------------------------------------
今回のOracleのバージョン
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
-------------------------------------------------------------------------


posted by Oracclle at 05:27 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Statspackをインストールために必要なsqlファイル

Statspackをインストールために必要なsqlファイルのパス

自宅のPCで確認してみました

spcreate.sqlファイル
こちらがStatspackをインストールため必要なようです

そのSQLファイルのパスは

D:\app\test\product\11.1.0\db_1\RDBMS\ADMIN

こちらの配下に
spcreate.sqlファイル
が存在していました

posted by Oracclle at 05:13 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月09日

DIAGNOSTIC_DESTのパスは

DIAGNOSTIC_DESTのパスは
自動診断リポジトリ(ADR)ホーム

⁄diag⁄rdbms⁄⁄trace⁄
(例)
d:\app\test\diag\rdbms\orcl\orcl\trace

⁄diag⁄rdbms⁄⁄cdump⁄
(例)
d:\app\test\diag\rdbms\orcl\orcl\cdump


SQL> show parameter diagnostic


NAME   TYPE   VALUE   
-----------   -----------   -----------
diagnostic_dest   string    D:\APP\TEST


BACKGROUND_DUMP_DEST
USER_DUMP_DEST
CORE_DUMP_DEST
これら3つの初期化パラメーターが

DIAGNOSTIC_DESTに変更になったようです


BACKGROUND_DUMP_DESTで指定したディレクトリのアラート・ファイルには、重要なデータベース・イベントおよびメッセージが記録されます。

USER_DUMP_DESTには、ユーザー・プロセスのかわりに、サーバーがデバッグ・トレース・ファイルを書き込むディレクトリのパス名を指定します。

CORE_DUMP_DESTは主にUNIXのパラメータであるため、ご使用のプラットフォームではサポートされていない場合があります。Oracleでコア・ファイルをダンプするディレクトリを指定します。
posted by Oracclle at 05:07 | ニューヨーク ☁ | オラクル勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月08日

「DESC USER_TS_QUOTAS」を確認

「DESC USER_TS_QUOTAS」を確認

USER_TS_QUOTAS
現行のユーザーに対する表領域の割当て制限を示します

SQL> DESC USER_TS_QUOTAS
名前    NULL?    型
----------------    --------    ----------------
TABLESPACE_NAME    NOT   NULL    VARCHAR2(30)
BYTES      NUMBER
MAX_BYTES      NUMBER
BLOCKS      NUMBER
MAX_BLOCKS      NUMBER
DROPPED      VARCHAR2(3)


確認したORACLEのバージョン
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
posted by Oracclle at 07:00 | ニューヨーク ☀ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DBMS_METADATA.GET_DDLの引数は、

GET_DDLの使い方は?

DBMS_METADATA.GET_DDLの引数は、
・第1引数:オブジェクトのタイプ(TABLE、INDEX、TABLESPACEなど)
・第2引数:オブジェクト名
・第3引数:スキーマ名(オプション)//オブジェクトの所有者

GET_DDLの引数の第3引数が
オブジェクトの所有者ということ

OWNERであること
OWNERでログインして、第3引数:スキーマ名を省略するってことができるようです

(例)
SELECT DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX' ,'TEST_INDEX') FROM DUAL;

なんとなく、あっているようです
posted by Oracclle at 06:30 | ニューヨーク ☀ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月07日

Oracle Database:表・索引のDDL文の生成

Oracle Database:表・索引のDDL文の生成

ORACLEのDBMS_METADATA.GET_DDLの解説
DBMS_METADATA.GET_DDLの引数は、
・第1引数:オブジェクトのタイプ(TABLE、INDEX、TABLESPACEなど)
・第2引数:オブジェクト名
・第3引数:スキーマ名(オプション)
以降の引数もオプションです。


使用例
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('TABLE','EMP') from dual;


実際にGET_DDLを使ってみました
SQL> SELECT OWNER,INDEX_NAME,TABLESPACE_NAME FROM DBA_INDEXES WHERE INDEX_NAME ='TEST_INDEX';

OWNER   INDEX_NAME   TABLESPACE_NAME
-------------------------   -------------------------   -------------------------
TEST   TEST_INDEX   USERS

SQL> SHOW USER
ユーザーは"SYS"です。

SQL> SELECT DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX' ,'TEST_INDEX') FROM DUAL;
ERROR:
ORA-31603:
オブジェクト"TEST_INDEX"(タイプINDEX)がスキーマ"SYS"で見つかりません。
ORA-06512: "SYS.DBMS_SYS_ERROR", 行105
ORA-06512: "SYS.DBMS_METADATA", 行3261
ORA-06512: "SYS.DBMS_METADATA", 行4863
ORA-06512: 行1

レコードが選択されませんでした。
※SYSでもGET_DDLできない


作成したユーザ
SQL> SHOW USER
ユーザーは"TEST"です。
SQL>
SQL> SELECT DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX' ,'TEST_INDEX') FROM DUAL;

DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX','TEST_INDEX')
--------------------------------------------------------------------------------

CREATE INDEX "TEST"."TEST_INDEX" ON "TEST"."TEST_TABLE" ("EMP_ID")
PCTFREE

SYSでも他のユーザのDDLは取得できない
これで正しい形?

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 07:03 | ニューヨーク ☁ | SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月06日

GET_DDLの使い方がよく分からない 2

GET_DDLの使い方がよく分からない 2

自宅でやってみました

DBMS_METADATA.GET_DDL( オブジェクトタイプ , オブジェクト名 , [ スキーマ ] )

SQL> SELECT OWNER,INDEX_NAME,TABLESPACE_NAME FROM DBA_INDEXES WHERE INDEX_NAME='TEST_INDEX';

OWNER   INDEX_NAME   TABLESPACE_NAME
------------------------- ------------------------- -------------------------
TEST   TEST_INDEX   USERS

さっきの
GET_DDLで使っていたのが

select dbms_metadata.get_ddl('INDEX','TEST_INDEX','TEST') from dual;


GET_DDL( オブジェクトタイプ , オブジェクト名 , [ スキーマ ] )→
GET_DDL( オブジェクトタイプ , オブジェクト名 , OWNER )

構文違い??してます??

スキーマのところに、オーナーを入れてしまってました

けどうまく、GET_DDLで取れていたようだけど・・・・


使い方違ったのかな??

違ったようです・・・・・
Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 21:33 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【オラクル】GET_DDLの使い方がよく分からないどんな作成がされ

オラクルの「GET_DDL」の使い方がよく分からない
どのようなDDL文だったから分かるようになるコマンドみたいなのですが
20180311_pasokon.jpg

自宅でやってみました
Windows7の環境にオラクル11g入れています。
DBMS_METADATA.GET_DDL( オブジェクトタイプ , オブジェクト名 , [ スキーマ ] )

というのは分かりましたが実際はどうするの??

indexで確認してみます

SQL> SELECT INDEX_NAME ,TABLESPACE_NAME ,OWNER FROM DBA_INDEXES WHERE INDEX_NAME='TEST_INDEX';

INDEX_NAME   TABLESPACE_NAME   OWNER
------------------------- ------------------------- -------------------------
TEST_INDEX   USERS   TEST

こちらのインデックスをGET_DDLしてみました

select dbms_metadata.get_ddl('INDEX','TEST_INDEX','TEST') from dual;

SQL> select dbms_metadata.get_ddl('INDEX','TEST_INDEX','TEST') from dual;

DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX','TEST_INDEX','TEST')
--------------------------------------------------------------------------------

CREATE INDEX "TEST"."TEST_INDEX" ON "TEST"."TEST_TABLE" ("EMP_ID")
PCTFREE

DDL文が取得できました

他のユーザで、同じSELECT文では取得できない?取得できる??

SQL> SHOW USER
ユーザーは"SYS"です。
SQL>
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('INDEX','TEST_INDEX','TEST') from dual;

DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX','TEST_INDEX','TEST')
--------------------------------------------------------------------------------

CREATE INDEX "TEST"."TEST_INDEX" ON "TEST"."TEST_TABLE" ("EMP_ID")
PCTFREE
SYSユーザでは、全く同じSELECT文で取得できました

さらに別のユーザで
SQL> SHOW USER
ユーザーは"SYSTEM"です。
SQL>
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('INDEX','TEST_INDEX','TEST') from dual;

DBMS_METADATA.GET_DDL('INDEX','TEST_INDEX','TEST')
--------------------------------------------------------------------------------

CREATE INDEX "TEST"."TEST_INDEX" ON "TEST"."TEST_TABLE" ("EMP_ID")
PCTFREE

取得できました。

では、一般ユーザでは無理かな??

SQL> SHOW USER
ユーザーは"STUDY"です。
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('INDEX','TEST_INDEX','TEST') from dual;
ERROR:
ORA-31603:
オブジェクト"TEST_INDEX"(タイプINDEX)がスキーマ"TEST"で見つかりません。
ORA-06512: "SYS.DBMS_SYS_ERROR", 行105
ORA-06512: "SYS.DBMS_METADATA", 行3261
ORA-06512: "SYS.DBMS_METADATA", 行4863
ORA-06512: 行1

一般ユーザ
STUDYというの作って
インデックスをSELECTしてみましたが
DDL文取得できませんでした


あってるかな??
正しい確認できてるでしょうか?
Oracle オラクル試験を受験






どんな感じで
作成されたものか?

途中からプロジェクトに参加して

記録されているものが無いと

オラクルを調べる場合に

「GET_DDL」文を使うって事があるって事みたいです。


さすがに、資料、エビデンス残っているはずと思いますが
posted by Oracclle at 21:20 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月02日

ALTER INDEX OPTIMIZEのサポート終了って

テキスト索引のALTER INDEX OPTIMIZEのサポート終了って

Oracle Database 12cでは、Oracle Textが変更が導入されました。

テキスト索引のALTER INDEX OPTIMIZEのサポート終了
という事のようですが

ALTER INDEX OPTIMIZEって
どのようなSQL文か分かりません

そのまま
ALTER INDEX OPTIMIZE〜
ってSQLになるの??

違うの??

意外に検索してもヒットしません・・・

やっと、見つかった
テキスト索引のALTER INDEX OPTIMIZE
だと思うのが

alter index SCOTT.PK_DEPT rebuild parameters('optimize fast');

おそらく、
Oracle Database 12cでは、Oracle Textが変更が導入されました。
テキスト索引のALTER INDEX OPTIMIZEのサポート終了
というのが

こちらのSQLになると思われます


alter index SCOTT.PK_DEPT rebuild parameters('optimize fast');
posted by Oracclle at 06:21 | ニューヨーク ☁ | 12c | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月01日

パラメータの確認 show parameterとv$parameter

パラメータの確認 show parameterとv$parameter

初期化パラメータの確認で

show parameter

select * v$parameter

は同じ?違う??

件数の確認してみました

show parameterの結果
288件になりました

select count(*) from v$parameter;
こちらも
288件
同じっぽいです

show parameterでは
こちらの項目(NAME、TYPE、VALUE)

v$parameterの方は
項目(NAME、TYPE、VALUE)以外にも

desc v$parameter

名前 NULL? 型
----------------------------------------- -------- ----------------------------
NUM NUMBER
NAME VARCHAR2(80)
TYPE NUMBER
VALUE VARCHAR2(4000)
DISPLAY_VALUE VARCHAR2(4000)
ISDEFAULT VARCHAR2(9)
ISSES_MODIFIABLE VARCHAR2(5)
ISSYS_MODIFIABLE VARCHAR2(9)
ISINSTANCE_MODIFIABLE VARCHAR2(5)
ISMODIFIED VARCHAR2(10)
ISADJUSTED VARCHAR2(5)
ISDEPRECATED VARCHAR2(5)
ISBASIC VARCHAR2(5)
DESCRIPTION VARCHAR2(255)
UPDATE_COMMENT VARCHAR2(255)
HASH NUMBER

こんなに沢山項目あるようです

詳しく調べるには、こちらなりそうです


posted by Oracclle at 21:05 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。