2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2015年06月16日

非推奨となったパラメータの確認 自宅で

非推奨となったパラメータの確認 自宅で

オラクルのページで
Oracle Database 12cで非推奨となった機能とサポートが終了した機能

その中で
「8.1.4 非推奨となったパラメータ」という項目があります

現在の非推奨のパラメータのリストを取得するには、SQL*Plusで次の問合せを実行します。
SQL> SELECT name from v$parameter
WHERE isdeprecated = 'TRUE' ORDER BY name;
この問合せでは、実行した日時時点の非推奨のパラメータのリストが返されます。次の例は、表示される問合せ結果を示しています。


次の例は、表示される問合せ結果を示しています
という事で、一度確認してみたいと思います

自宅のPCで
バージョンも 11g R1ですが
-----------------------------------------------------------
SQL> select * from v$version;
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
-----------------------------------------------------------

現在(2015/06/16)の非推奨のパラメータのリストを取得する
自宅のPCで

SQL> set pages 10000
SQL> SELECT name from v$parameter
2 WHERE isdeprecated = 'TRUE' ORDER BY name;

NAME
---------------------------------------------------
background_dump_dest
buffer_pool_keep
buffer_pool_recycle
commit_write
drs_start
fast_start_io_target
global_context_pool_size
instance_groups
lock_name_space
log_archive_local_first
log_archive_start
max_commit_propagation_delay
max_enabled_roles
parallel_automatic_tuning
parallel_server
parallel_server_instances
plsql_debug
plsql_v2_compatibility
remote_os_authent
serial_reuse
sql_trace
sql_version
standby_archive_dest
user_dump_dest

24行が選択されました。

---------------------------------------------------

oracleのホームページで表示されていた問い合わせ結果とほぼ
同じ結果が表示されることを確認しました
posted by Oracclle at 05:36 | ニューヨーク 🌁 | 非推奨となったパラメータの確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月06日

パスワード認証できないので再確認

パスワード認証できないので再確認

まず、sqlnet.oraファイルの再確認

C:\oraclexe\app\oracle\product\11.2.0\server\network\ADMIN
sqlnet.oraファイルを確認

やったーー、もしかしてコメントアウト漏れです
----------------------------------------------
#SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES = (NTS)
#SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES = (NONE)
----------------------------------------------
NONEのみをコメント化して
更新しようと思ってたのにミスがあったようです

すみません、逆でした
パスワード認証するには
こちらをコメントアウト
SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES = (NONE)

こちらがコメント化
#SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES = (NTS)


もしかして、これでパスワード認証できるかも??

再度のログイン確認してみると・・・・
===========================================================
sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 11.1.0.6.0 - Production on 土 6月 6 06:40:03 2015

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL>
===========================================================

ログインできてしまってます・・・・
posted by Oracclle at 06:40 | ニューヨーク ☁ | パスワード認証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パスワードファイルの作り直しだけでは無理?

パスワードファイルの作り直しだけでは無理?

OS
windows 7
oracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

パスワードファイルの拡張子が
windows用でない?作り直せば・・・・

ファイル名に拡張子が付いたものを作れば
PWDorcl.ora

これ(oracleのサイトの例から)
orapwd FILE=PWDsid.ora ENTRIES=max_users

あれ??
パスワードを記載していない
パスワード認証をしたいので

さっき流したコマンドからパスワード設定分を追加して作成してみよう
これで
orapwd file=PWDorcl.ora password=orcl entries=1

パスワードファイルの配置パスも怪しそう・・・
今回参考にしたサイト
(参考)
Oracle Databaseプラットフォーム・ガイド
11gリリース1(11.1) for Microsoft Windows

パスワード・ファイルの作成および移入
パスワード・ファイルは、ディレクトリORACLE_BASE\ORACLE_HOME\DATABASEにあり


先ほどまで
実行していたパス
C:\oraclexe\app\oracle\product\11.2.0\server\dbs

いちお、新しく作成したパスワードファイルで
配置パスの上記2つでログイン確認してみましたが

どちらもOS認証できてしまってます・・・・
posted by Oracclle at 06:29 | ニューヨーク ☁ | パスワード認証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パスワードファイルが悪い?みたい

パスワードファイルが悪い?みたい

windows用のパスワードファイルの作成を再度
調べてみないと

windowsで「orapwORCL」というファイル名
おかしい??
Linuxとかunix用のパスワードファイルかも?

検索してみると
やっぱり、ファイルの拡張子も違います、先ほど
パスワードファイル作成時に流したコマンドとは
(前回使用のコマンド orapwd file=orapwORCL password=orcl entries=1)

パスワード・ユーティリティを使用してパスワード・ファイルを作成します。
C:\> orapwd FILE=PWDsid.ora ENTRIES=max_users

それぞれの意味は次のとおりです。
FILEは、パスワード・ファイル名を指定します。
SIDは、データベース・インスタンスを示します。
ENTRIESは、パスワード・ファイルのエントリの最大数を設定します。この数は、SYSDBAまたはSYSOPER DBA権限でデータベースに同時に接続できる個々のユーザーの最大数になります。


作り直して、ログイン確認してみます

posted by Oracclle at 05:57 | ニューヨーク ☁ | パスワード認証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracle パスワード認証したいからパスワードファイルを作る

Oracle パスワード認証したいからパスワードファイルを作る

OS
windows 7
Oracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

パスワード認証するには、パスワードファイルが必要のようです
C:\xxx\app\oracle\product\11.2.0\server\dbs
こちらに作ります

こういうコマンド流せば作れそうです
「orapwd file=orapwORCL password=orcl entries=1」
=====================================================
SQL> orapwd file=orapwORCL password=orcl entries=1
SP2-0734: "orapwd fil..."で開始するコマンドが不明です - 残りの行は無視されました。
=====================================================
流す場所が違うようです。
sqlplus内で流すのではないよう

コマンドプロンプト上で流してみます
=====================================================
C:\xxx\app\oracle\product\11.2.0\server\dbs>orapwd file=orapwORCL password=orcl entries=1
=====================================================
うまく実行できたようです

ファイルの作成の確認
C:\xxx\app\oracle\product\11.2.0\server\dbsの配下に
orapwORCL
ファイルできてます

これでパスワード認証できるはず

oracleを再起動して
再接続してみます
=====================================================
sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 11.1.0.6.0 - Production on 土 6月 6 05:33:15 2015

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
=====================================================

パスワード認証できていないようです
まだ、OS認証でログインできてしまってます


posted by Oracclle at 05:52 | ニューヨーク ☁ | パスワード認証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracle パスワード認証にしたい

Oracle パスワード認証にしたい

os
windows 7
oracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

今はOS認証のため、パスワードなしでログインできます
====================================================
sqlplus / as sysdba
SQL*Plus: Release 11.1.0.6.0 - Production on 土 6月 6 05:11:51 2015

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL>
====================================================
パラメータの確認→パスワード認証できそうです
REMOTE_LOGIN_PASSWORDFILEを確認

show parameter REMOTE_LOGIN_PASSWORDFILE

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- -----------
remote_login_passwordfile string EXCLUSIVE
====================================================

パスワードファイルが必要のようです
パスワード認証するためには

まず、パスワードファイルがあるか??
\xx\\oracle\product\11.2.0\server\dbs
こちらにファイルがあるはず、あればの話ですが・・・
init.ora
SPFILEXE.ORA

パスワードファイルないです、作らないとダメみたい

posted by Oracclle at 05:45 | ニューヨーク ☁ | パスワード認証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月02日

XDBADMIN権限なかったのは

XDBADMIN権限なかったのは

catqm.sqlのファイルを実行していなかったから??

この「catqm.sql」を開くと
-----------------------------

CREATE role xdbadmin;
GRANT xdbadmin TO dba;

-----------------------------
これを見ると
xdbadmin権限をdbaへ付与するという事のようです


ファイルのパス
xxxxx\oracle\product\11.2.0\server\rdbms\admin
catqm.sql


こちらも関係ありそう
xxxxx\oracle\product\11.2.0\server\rdbms\admin
catxdbc1.sql
タグ:xdb XDBADMIN
posted by Oracclle at 06:13 | ニューヨーク ☔ | Oracle XML Database | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XDBというユーザの権限は

XDBというユーザの権限は

XDBADMINという権限もっているはず??


SELECT * FROM DBA_SYS_PRIVS WHERE GRANTEE='XDB';

GRANTEE PRIVILEGE ADM
------------------------------ ---------------------------------------- ---
XDB QUERY REWRITE NO
XDB CREATE INDEXTYPE NO
XDB CREATE PUBLIC SYNONYM NO
XDB UNLIMITED TABLESPACE NO
XDB CREATE LIBRARY NO
XDB CREATE OPERATOR NO
XDB DROP PUBLIC SYNONYM NO
XDB CREATE VIEW NO
XDB CREATE SESSION NO
XDB ALTER SESSION NO


XDBADMINという権限がない・・・・

ではXDBADMINという権限で探してみます

SELECT * FROM DBA_SYS_PRIVS WHERE PRIVILEGE='XDBADMIN';

レコードが選択されませんでした。
タグ:xdb
posted by Oracclle at 05:33 | ニューヨーク ☔ | Oracle XML Database | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XDBというユーザの状態は

XDBというユーザの状態は

SELECT ACCOUNT_STATUS FROM DBA_USERS WHERE USERNAME='XDB';

ACCOUNT_STATUS
--------------------------------
EXPIRED & LOCKED


EXPIRED パスワード期限切れ
LOCKED ロック状態

使用不可の状態で
XDBユーザが存在していました
タグ:xdb
posted by Oracclle at 05:26 | ニューヨーク ☔ | Oracle XML Database | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracle XML DBがすでにインストールされているかどうか

XDBというユーザがいるか?

Oracle XML DBがすでにインストールされているかどうかは、自分で判断できます。

全然意識なかったですが、デフォルトで入っているようです

ユーザーXDBが存在する
SELECT * FROM ALL_USERS where USERNAME = 'XDB';

USERNAME USER_ID CREATED
------------------------------ ---------- --------
XDB 41 07-10-15

ビューRESOURCE_VIEWが存在する
DESC RESOURCE_VIEW
名前 NULL? 型
----------------------------------------- -------- ----------------------------
RES XMLTYPE(XMLSchema "http://xm
lns.oracle.com/xdb/XDBResour
ce.xsd" Element "Resource")
ANY_PATH VARCHAR2(4000)
RESID RAW(16)


自宅のパソコンで調べてみました
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
タグ:xml xdb
posted by Oracclle at 05:20 | ニューヨーク ☔ | Oracle XML Database | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験