2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2013年07月13日

Windows 7ではport1521開けなければいけない「オラクル」接続は

なぜ?別端末からの接続できない。やっぱり、別のパソコンからオラクルに接続したい
Oracle Clientをインストールした端末から、Oracleをインストールした端末から
ローカル・ネーミング・パラメータ?ローカル・ネーミング接続しようとしましたが
接続できません。
tnsname.oraファイルを使用した接続をしようとしてます。
20180311_pasokon.jpg

検索、検索の結果、Win7ではportを開ける必要があるようです。
tnsname.oraファイルに記載しているport番号をwidows firewallに設定が必要のようです。
デフォルトでは、widows firewallでは1521は閉じられているようです。

Windowsファイアウォールの1521を受信できるようにします。
---------------------------------------------------------
コントロールパネル→
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール画面にて
受信の規制を右クリック、新しい規制を押下。
ポートを選択→特定のローカルポートを選択し、1521を入力→接続を許可するを選択→ドメイン、プライベート、パブリックを選択(デフォルトで選択状態)→名前と説明を入力する(こちらにかんしてはセキュリティが強化されたWindowsファイアウォール画面での表示のみのため、分かり易い任意の入力をする)(例:Oracle接続・別端末からの接続の為portの受信を設定するなど)

別端末から接続できるようになりました。
Oracle Clientをインストールした端末から、Oracleをインストールした端末から
どちらも確認できました。


Windows 7ではport1521を開けなければいけない
Oracle実機操作






基本的には、サーバーにオラクルを置く

クライアントから接続するって事になりますから

かなり初歩的な事ですが

別の端末パソコンから

オラクルに接続できるって
確かめる事が、まず最初になるはず。


posted by Oracclle at 17:16 | ニューヨーク 🌁 | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracle 11g r1 Enterprise Managerに接続できない「WEB」GUIから

環境OS windows7 professional
オラクルのバージョン Oracle 11g r1
Enterprise Managerに接続できません。
「GUI」画面、WEBから操作できる機能「Enterprise Manager」になりますが
20180311_pasokon.jpg

Win7でOracle 11g r1は無理っぽい??
証明書のエラー発生→このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)を押下。
その後、Enterprise Manager画面、表示されません。
画面を閉じる事しかできません。
ログイン画面が表示されない状態です。

インターネットで検索の結果、
Enterprise Managerに接続する
https://localhost:/emを
http://localhost:/emで接続すれば表示できるようです。

SSLのOFFにすればよいそうです。
コマンドプロンプト上から下記のコマンドを実行する
emctl stop dbconsole
emctl unsecure dbconsole
emctl start dbconsole

その後、http://localhost:/emで接続すると
Enterprise Managerが表示できるようになりました。

参考サイト
http://tunes.sakura.ne.jp/tipi/?Oracle%2FEnterprise%20Manager%A4%AC%B5%AF%C6%B0%A4%B7%A4%CA%A4%A4

約1週間、Enterprise Managerできなかったですが
やっとEnterprise Manager使用できるようになりました。

意外にOS OS windows7 professional
Oracle 11g r1を使用して、Enterprise Manager表示できないって
検索してもヒットしないです・・・・




Oracle 11g r1 Enterprise Managerに接続できない
Oracle実機操作


Enterprise ManagerのWEB画面って
現場では使わない??

機能的に
ある程度知っていた方が

使える方がいいかなって

GUIで重いとか

コマンドからオラクル操作した方がいいとか

知識として

やっぱり使えるようにしておきたいはず
posted by Oracclle at 17:00 | ニューヨーク 🌁 | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。