2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2013年07月26日

別端末にある物理テーブルのレプリケーション。VIEWを使わない。

Oracle 11g r1でレプリケーション(レプリカ) viewを使用しない方法
まだ、検証成功してません。
別端末にある物理テーブルのレプリケーション。VIEWを使わない。
「マルチマスター・レプリケーション」キーワードでいろいろ検索
実行しましたが・・・
コマンド打つと、エラーになったりエラー解消に、また検索で・・・

おそらく、veiwを使うレプリケーションがシングル・マスター・レプリケーションになる?
シングル・マスター・レプリケーション
(マテリアライズド・ビュー・レプリケーション)

viewを使用しない方法のレプリケーション(レプリカ)がマルチマスター・レプリケーションになる?
マルチマスター・レプリケーション
(各マスター・サイトが同等ピア)

参照サイト
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/server.102/B19219-02/repmaster.htm
posted by Oracclle at 06:19 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月24日

oracle 11g レプリケーション(レプリカ) 同一端末内の物理テーブルで検証

oracle 11g レプリケーション(レプリカ) 同一端末内の物理テーブルで検証
Oracle Streams同期取得の実装でいけるようです。

状態
同一端末
-----------------------------------------
テーブル
物理テーブル(マスタサイトとして)
物理テーブル(レプリカサイトとして)

参考サイト
http://www.insight-tec.com/technical-information/oracle-11g-oracle-streams-%E5%90%8C%E6%9C%9F%E5%8F%96%E5%BE%971.html
posted by Oracclle at 20:12 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

oracle 11g レプリケーション(レプリカ) materialized view利用

oracle 11g レプリケーション(レプリカ) materialized view利用
別端末で検証

順番を記載します
1番
--------------------------------------------------
マスターサイト
==============
CREATE MATERIALIZED VIEW LOG ON experiment;
--------------------------------------------------
2番
レプリカサイト
=============
CREATE DATABASE LINK ORIGINAL_NAME
CONNECT TO ユーザ名 IDENTIFIED BY パスワード
USING 'ORCL';
--------------------------------------------------
3番
レプリカサイト
=============
1分で同期するように設定します( 1/1440 )→1分
create materialized view mv_emp0723
refresh fast
start with sysdate next sysdate + ( 1/1440 )
AS SELECT * FROM
ユーザ名.experiment@ORIGINAL_NAME;
--------------------------------------------------
設定は以上になります。

確認
マスターサイト
=============
SELECT * FROM experiment;
1行追加します
INSERT INTO experiment (no,name) values(1,'name');
COMMIT;
SELECT * FROM experiment;
-------------------------------------------------
レプリカサイト(マスターサイトでCOMMIT実行後、約1分後に反映される)
=============
SELECT * FROM mv_emp0723;
--------------------------------------------------

※マスターサイトとレプリカサイトに
tnsnames.oraファイルを設定しておくこと。
別端末で検証のため、疎通確認しておくこと
posted by Oracclle at 20:07 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Enterprise Managerが表示できない oracle 11g r1

Enterprise Managerが表示できない(OS Windows7 professional /Oracle 11g r1)
--------------------------------------------------------------------
SSLのOFFにする
なお、SSLが必要ない場合は以下のコマンドでSSLをOFFにできます。
emctl stop dbconsole ....EMが起動している場合はSTOPさせる。
emctl unsecure dbconsole ....SSLをOFFにする。
emctl start dbconsole ....EMを起動する。(Windowsの場合はサービスから起動でもよい)

その後
https://hostname:1158/em/http://hostname:1158/em/
posted by Oracclle at 19:58 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

refresh fast on commit エラーになる

refresh fast on commitがエラーになる

oracleでレプリケーション(レプリカ)の調査
検証です。

手動で反映させるものができました。(コマンド実行により)
ので、次の段階でcommitされた時点で
反映されるようにした。

検索の結果
「refresh fast on commit」
create materialized view TEST_VIEW refresh fast on commit〜

on commitにするだけかと思いきや
エラー続発です。

いろいろサイト見たけど、手動から自動反映難しくなさそうだけど。

結果、「 refresh fast on commit」を諦め
別の方法に。

時間で反映されるようにする。
1分後、5分後など反映される事を確認。


参考にしたサイトは・・・・・→見つかりませんでした。
後日記載します・・・・・・・・
こちらに記載しました。
http://oracclle.seesaa.net/article/370157874.html
posted by Oracclle at 06:43 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

oracle レプリケーションで検索

Oraleでレプリケーションで実現するため
Googleで検索です

キーワード
oracle 11g
レプリケーション

oracle 11g
レプリケーション 設定など

いいサイト?
理解しやすいサイトなかなかヒットしません。


下の方が、意外に分かりやすいサイトヒットしたように思えます。
キーワード変更
oracle
レプリカ

レプリケーションを調査する際は
レプリカで検索するといいかも・・・・
posted by Oracclle at 06:34 | ニューヨーク ☁ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月20日

Windows7から、WindowsXpのオラクルに接続できません。

WindowsXPもport1521を開けないといけない

Windows7から、WindowsXpのオラクルに接続できません。

Win7とWinXpどちらもOracle 11g r1をインストールしてます。
Oracle clientはインストールしてません。
Oracle Netがあれば接続可能のようなので。

Win7の方は、port1521を追加してましたが
WinXpは、port1521を許可しないといけないと気付いてなかったです。

Win7からWinxpへ
tnspingが通らなかったので,少し困りましたが・・・。

検索検索の結果、WinXPでも「windows firewall」に別端末からの接続の際
使用するport1521を例外登録?登録する必要があったようです。

Win7と基本同じだったんですね。
勝手にWin7はデフォルトでセキュリティが高くなってるからって思って
WinXPは平気だろうと思ってましたが。

WinXPのport1521を設定後、Win7からWinXPへtnspingが成功しました。
その後、WinXPのオラクルに接続できるようになりました。


Windows7から、WindowsXpのオラクルに接続できません。
WindowsXPもport1521を開けないといけない
posted by Oracclle at 07:58 | ニューヨーク ☀ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月19日

基礎からのOracle

プログラマの種シリーズ−SE必修!−
【全品送料無料】基礎からのOracle/西沢夢路
Enterprise Managerに接続できない、
Client端末から、Oracleサーバ(インストールPC)に接続できないなど

【全品送料無料】基礎からのOracle/西沢夢路

価格:3,129円
(2013/7/19 06:35時点)







Oracleで学ぶSQLの基礎の基礎!実行可能なプログラムによる実践的解説!
業務に必要な知識を凝縮した実用主義!章末の練習問題により確実にスキルアップ。

Oracle Database 11gに対応。


Oracleの実機操作にも役立ちそうです。

Enterprise Managerに接続できない、
Client端末から、Oracleサーバ(インストールPC)に接続できないなど
つまり、困るときにどのように対応すればよいか記載されてます。

上記の2つは、検証環境時では、
どちらもwindows firewallのポートを開ける事。
受信の規制に、port「1158」、port「1521」を登録する事で
Enterprise Managerに接続でき
Client端末から、Oracleサーバ(インストールPC)に接続できました。


基礎からのOracle
Oracleの実機操作にも役立ちそうです。
Enterprise Managerに接続できない、
Client端末から、Oracleサーバ(インストールPC)に接続できないなど
posted by Oracclle at 06:44 | ニューヨーク ☀ | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月13日

Windows 7ではport1521を開けなければいけない

別端末からの接続できない。
Oracle Clientをインストールした端末から、Oracleをインストールした端末から
ローカル・ネーミング・パラメータ?ローカル・ネーミング接続しようとしましたが
接続できません。
tnsname.oraファイルを使用した接続をしようとしてます。

検索、検索の結果、Win7ではportを開ける必要があるようです。
tnsname.oraファイルに記載しているport番号をwidows firewallに設定が必要のようです。
デフォルトでは、widows firewallでは1521は閉じられているようです。

Windowsファイアウォールの1521を受信できるようにします。
---------------------------------------------------------
コントロールパネル→
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール画面にて
受信の規制を右クリック、新しい規制を押下。
ポートを選択→特定のローカルポートを選択し、1521を入力→接続を許可するを選択→ドメイン、プライベート、パブリックを選択(デフォルトで選択状態)→名前と説明を入力する(こちらにかんしてはセキュリティが強化されたWindowsファイアウォール画面での表示のみのため、分かり易い任意の入力をする)(例:Oracle接続・別端末からの接続の為portの受信を設定するなど)

別端末から接続できるようになりました。
Oracle Clientをインストールした端末から、Oracleをインストールした端末から
どちらも確認できました。


Windows 7ではport1521を開けなければいけない
Oracle実機操作
posted by Oracclle at 17:16 | ニューヨーク 🌁 | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracle 11g r1 Enterprise Managerに接続できない

OS windows7 professional
Oracle 11g r1
Enterprise Managerに接続できません。

Win7でOracle 11g r1は無理っぽい??
証明書のエラー発生→このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)を押下。
その後、Enterprise Manager画面、表示されません。
画面を閉じる事しかできません。
ログイン画面が表示されない状態です。

検索、検索の結果、
Enterprise Managerに接続する
https://localhost:/emを
http://localhost:/emで接続すれば表示できるようです。

SSLのOFFにすればよいそうです。
コマンドプロンプト上から下記のコマンドを実行する
emctl stop dbconsole
emctl unsecure dbconsole
emctl start dbconsole

その後、http://localhost:/emで接続すると
Enterprise Managerが表示できるようになりました。

参考サイト
http://tunes.sakura.ne.jp/tipi/?Oracle%2FEnterprise%20Manager%A4%AC%B5%AF%C6%B0%A4%B7%A4%CA%A4%A4

約1週間、Enterprise Managerできなかったですが
やっとEnterprise Manager使用できるようになりました。

意外にOS OS windows7 professional
Oracle 11g r1を使用して、Enterprise Manager表示できないって
検索してもヒットしないです・・・・

Oracle 11g r1 Enterprise Managerに接続できない
Oracle実機操作
posted by Oracclle at 17:00 | ニューヨーク 🌁 | Oracle実機操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。