2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2016年05月17日

【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事ができるの?

【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事ができるのでしょうか?
ORACLEの資格に受験するためのお金、受験料は安くしたいですよね?
20180311_pasokon.jpg

ORACLE MASTERの受験料安くないので
できれば、【格安】で受験チケットを買いたいですね。

それでは、どこで【格安】にORACLE MASTER試験の
受験チケットを買えるかと言うと・・・

それは、楽天市場のお店「IT試験ドットコム」になります。
IT試験ドットコムでは
税込 26,720円
ORACLEのサイトでは
税込 28,728円

楽天市場のお店「IT試験ドットコム」で
ORACLE MASTER 受験チケットを買うと
Oracleのサイトで買うより
「2,008円」もお安く買う事ができます。

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:35時点)
感想(7件)




2016年5月17日に
楽天市場内の「IT試験ドットコム」というお店で
Oracleのサイトで受験チケットの料金を確認しました。

ORACLEの資格の受験料に変更など、ある場合がありますので
しっかりと、その時点の料金を
楽天の「IT試験ドットコム」とOracleのサイトの料金を確認する必要がありそうです。
その時点での差額をしっかり、意識して【格安】の受験チケット買いましょう。



オラクルの試験受けて
資格ゲットして

スキルアップ目指したい

転職に活かしたい、できる限り
安く資格試験受けたいですよね。

安くない試験なので

少しでもお得にチケット買って受験しましょう。
posted by Oracclle at 16:43 | ニューヨーク ☀ | Oracle受験チケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月08日

Oracle Database 12cの「Gold」の試験確認(2016/02/08)

Oracleの試験について確認してみました(2016/02/08)
オラクルの12cのバージョンでのオラクルマスターの試験についてです

Oracle Database 12cの「Gold」については
アップグレードの試験しか確認できてませんでした
11gなどのGoldの試験合格者の人が
12cのバージョンのGoldの試験に挑戦するというものです

その詳細がこちらになります
ORACLE MASTER Gold (9i、10g、11gのいずれか) から
ORACLE MASTER Gold 12cへのアップグレード
Upgrade to Oracle Database 12c
試験番号:1Z0-060
試験料(税抜き):26600円
試験時間: 120 分
両セクション合わせての時間です。
出題数:セクション1 = 51問 セクション2 = 34問
合格ライン:セクション1 = 64%; セクション2 = 65%
出題形式:選択問題


ここまでしか確認できてませんでしたが
現時点2016/02/08 4:00時点では
Oracleの12cの「Gold」の試験がアップグレードでない方法
おそらく、通常のOracleの12cの「Gold」のオラクルの試験がありました
その詳細が
Oracle Database 12c: Advanced Administration
試験番号:1Z0-063
試験料(税抜き):26600円
試験時間: 120分
出題数:80問
合格ライン:60%
出題形式:選択問題


定期的にオラクルの試験の様子確認しないとダメですね
楽天市場で「ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c」の
試験勉強の本を探してみましたが
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold 12cへのアップグレード用
試験番号:1Z0-060


--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold 12c
試験番号:1Z0-063
--------------------------------------------
通常版のORACLE MASTER Gold 12cの「試験番号:1Z0-063」の試験用の
参考書、教科書などまだ販売されていないようです

12c Gold試験を申し込む時は
しっかり試験番号に注意が必要です
「試験番号:1Z0-060」アップグレード用 Oracle 12c Gold
「試験番号:1Z0-063」通常用 Oracle 12c Gold
posted by Oracclle at 04:11 | ニューヨーク ☀ | Gold 12c | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月01日

Oracle インプレースアップグレードの情報

Oracle インプレースアップグレードの情報

Oracleのバージョンアップのための

インプレースという方法の情報あまりないようです

Oracle的に

インプレースでのアップグレードは
あまり推奨していないようにも思えますが・・・・

現場では、
あまり行われていないようにも感じます

11gのOracleホームページが検索にヒットしました
OracleR Databaseアップグレード・ガイド
11g リリース2(11.2)
B56310-08

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56310/upgrade.htm#CHDHIIHD


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 05:18 | ニューヨーク ☀ | アップグレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月11日

12cの気になるJava Database Connectivity (JDBC)

12cの気になるJava Database Connectivity (JDBC)

Oracle Database 12cリリース1 (12.1.0.1)のReadme情報から
JDBC仕様4.1に準拠するために、ローカル・トランザクション処理にいくつかの変更が加えられました。

setAutoCommit(true)がコールされ、ローカル・トランザクションが存在する場合、そのトランザクションは自動的にコミットされます(旧リリースでは、処理は行われませんでした)。

AUTOCOMMITモードのときにコミットまたはロールバックがコールされると、ドライバでは例外がスローされます(ここでも、旧リリースでは処理が行われませんでした)。ご使用のアプリケーションにこれらの状況が発生する可能性があり、すぐにそのソフトウェアを変更することが難しい場合があります。


Oracle JDBC Drivers READMEから
下位互換性の問題を引き起こす可能性のある意図的な変更

JDBC仕様に従って、AutoCommitがオンの場合に、commit()またはrollback()にコールすると例外がスローされます。

12R1より前は、ドライバは例外をスローしませんでしたが、これは不具合でした(詳細はOracle Bug#11891661を参照してください)。この不具合は12R1で修正されたため、AutoCommitモードがオンの場合、commit()またはrollback()にコールすると、ドライバは例外をスローします。この変更は意図的であり、Oracle JDBCドライバが仕様に準拠するための変更です。

同様に、JDBC仕様では、ローカル・トランザクションの最中にsetAutoCommitがコールされると、トランザクションがコミットされると記述されています。12R1以降、ローカル・トランザクションが検出された場合、setAutoCommitがコールされると、JDBCドライバは暗黙的コミットを発行します。


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 04:07 | ニューヨーク ☔ | 12c | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月05日

Oracleのアップデートはout-of-place

Oracleのアップデートはout-of-place

アップデートには

in-place
out-of-place
2種類がありそうです

Oracleのアップグレードガイドでは
「out-of-place」が紹介されてます

「in-place」は
見つける事すら難しい感じ


やっぱり、
Oracleのアップグレードでは
「out-of-place」が定番になっている??


Oracle オラクル試験を受験



posted by Oracclle at 06:07 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月03日

やっぱり、sqljの使用有無は「#sql」

やっぱり、sqljの使用有無は「#sql」でよさそう

SQLJ宣言は#sqlトークンで開始され〜

ソースコード上からの検索
「#sql」でよさそう

さっき、気になっていた
SQLJ宣言の規則
SQLJ declaration;



「SQLJ宣言は#sqlトークンで開始され〜」
の宣言が記載できる場所ってことですね。

javaのクラスを定義できる場所であれば
どこでもってことが
SQLJ宣言の規則
SQLJ declaration;

だったみたいです

なので、キーワードとしては
javaソースからは
「#sql」で検索すればよさそうです。


Oracleの
SQL開発者ガイドおよびリファレンス
を参考にしました。

参考として
Oracle_homeの配下に
sqljというディレクトリがあります

その配下にlibディレクトリで
その中に
jarファイルがあります
Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 05:11 | ニューヨーク ☁ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sqljを使っているかどうかの確認は?

sqljを使っているかどうかの確認は?

まず、インストールの段階で
「sqlj」を使っているかどうかの確認は・・・

無理っぽいようです

Oracleをインストールすると
sqljもインストールしているみたい

ORACLE_HOMEの配下に
sqljってディレクトリがあるようだし(その中にlibディレクトリ)


では、ソースコード上から検索して調べるには

「#sql」これだけで良さそうな気もしますが・・・・

オラクルのサイトでも
SQLJ文は常に#sqlトークンで開始し〜

ソースコード上からの検索では
あと気になるのが

オラクルのサイトから
SQLJ宣言の規則
SQLJ declaration;


これも検索の対象にすべきか・・・・

SQLJの使用の有無
ソースコード上からの確認は
「#sql」

「SQLJ 」
になるかも?

いや
「#sql」だけでよさそうだけど・・・・

Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 04:54 | ニューヨーク ☁ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sqljって?何?

sqljって?何?

sqljって
javaソースの中にsqlの操作が埋め込み可能ってことのようですが

よく分かりません・・・・

「SQLJ」って有名なもの??それすらよく分かりません

javaのソース上で

#sql
{
INSERT INTO TEST_TABLE〜
};

このような事が書けるようですが

そもそも、SQLJがインストールされているかどうかの確認は??

Oracleをインストールすると
sqljもインストールされるようです

ORACLE_HOMEディレクトリの下に「sqlj」というディレクトリがあり
libディレクトリがあり
その配下に、jarファイルがあるとの事

確かにありました、自宅のパソコンにも
D:\app\test\product\11.1.0\db_1\sqlj\lib
runtime12.jar
runtime12ee.jar

確認したORACLEのバージョン
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

既に、sqljを使える環境があったようです

Oracle オラクル試験を受験


タグ:sqlj
posted by Oracclle at 04:28 | ニューヨーク ☁ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月27日

SYSAUX表領域の適切なサイズ 見積もりツール実行「オラクル」で

SYSAUX表領域の適切なサイズを見積もりツール実行してみました「オラクル11g」で
Windows環境になります。
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyssz.sql
20180311_pasokon.jpg

utlsyssz.sqlが無いようなので
11gではこちらになるはず?
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyxsz.sql

実行してみました
@utlsyxsz.sql

下記9つの入力を求められました
report_nameに値を入力してください:
intervalに値を入力してください:
retentionに値を入力してください:
num_instancesに値を入力してください:
active_sessionsに値を入力してください:
number_of_tablesに値を入力してください:
number_of_partitionsに値を入力してください:
stats_retentionに値を入力してください:
dml_activityに値を入力してください:


けど何を入力する?
入力する内容が分からない・・・

これは適当な出力ファイル名にすれば
report_nameに値を入力してください:

他の入力は何を入力すれば・・・
intervalに値を入力してください:
retentionに値を入力してください:
num_instancesに値を入力してください:
active_sessionsに値を入力してください:
number_of_tablesに値を入力してください:
number_of_partitionsに値を入力してください:
stats_retentionに値を入力してください:
dml_activityに値を入力してください:

合っているかどうかは不明ですが
入力を求められる際
現システムの状態を表示してくれているかも?

これを入力していけば・・・

| For 'Interval Setting',
| Press to use the current value: 60.0 minutes
| otherwise enter an alternative

intervalに値を入力してください:
「60」と入力すれば?

| For 'Retention Setting',
| Press to use the current value: 8.00 days
| otherwise enter an alternative

retentionに値を入力してください:
「8」と入力すれば?

| For 'Number of Instances',
| Press to use the current value: 1.00
| otherwise enter an alternative

num_instancesに値を入力してください:
「1」と入力すれば?

| For 'Average Number of Active Sessions',
| Press to use the current value: 24.0
| otherwise enter an alternative

active_sessionsに値を入力してください:
「24」と入力すれば?

| For 'Number of Tables',
| Press to use the current value: 78.0
| otherwise enter an alternative

number_of_tablesに値を入力してください:
「78」と入力すれば?

| For 'Number of Partitions',
| Press to use the current value: 0.00
| otherwise enter an alternative

number_of_partitionsに値を入力してください:
「0」と入力すれば?

| For 'Statistics Retention',
| Press to use the current value: 31.0 days
| otherwise enter an alternative

stats_retentionに値を入力してください:
「31」と入力すれば?

| For 'DML Activity',
| Press to use the current value: 2
| otherwise enter an alternative <1=low, 2=medium, 3=high>

dml_activityに値を入力してください:
「2」と入力すれば?

すると・・・

ちゃんと?エラーなく出力できました

| Total Estimated SYSAUX size: 639.7 MB

ファイル名を指定した
report_nameのファイル名でも出力できてます


Oracle オラクル試験を受験





見積もりツール実行って
現場でも、実際に参考にされているはず?

今回は自宅の「オラクル11g」
Widows7のノートパソコンで
どんな感じに??
って思って

実施してみました。
posted by Oracclle at 04:32 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SYSAUX表領域の見積もりツール

SYSAUX表領域の見積もりツール

oracleにはSYSAUX表領域の見積もりツールというか

SQLファイルがあるようです


ネットで検索したところ

$oracle_home\rdbms\admin\utlsyssz.sql

こちらのsqlファイルがヒットです
utlsyssz.sql

自宅のoracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

で早速、そのutlsyssz.sql
存在するかどうか調べてみます

・・・ないです

その後、SYSAUX表領域の見積もりツールで
もう一度検索してみると
今度は
「utlsyxsz.sql」

パスは同じで
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyxsz.sql

今度の「utlsyxsz.sql」は

存在しました


自宅のoracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production



oracle 11g
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyxsz.sql

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 04:04 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月23日

アップグレードは、既存の状態をそのまま使いたい

アップグレードは、既存の状態をそのまま使いたい

「インプレース・アップグレード」
こちらの言葉が

既存の状態を保持するってアップグレードするってことのようです

なので、

Oracleのアップグレードと
「インプレース・アップグレード」
こちらの言葉も

Googleなどで検索キーワードにすると

アップグレード前の状態を保持して

アップグレードするってことに

近づけそうです


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:54 | ニューヨーク ☁ | アップグレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracleのアップグレードって簡単?

Oracleのアップグレードって簡単?

Database Upgrade Assistantを使えば

GUI上でアップグレードできそうですが

アップグレード前の状態を

アップグレード後にも使いたい

これってできるのかな??


Oracle Databaseアップグレード・ガイドを見てみると

アップグレードするには
Oracle_Homeが変わってしまうように見えますが

アップグレード前の状態を保持して
アップグレードができるか
調査しています

旧データベース

新のデータベースをインストールして
こちらの新の方から「Database Upgrade Assistant」を使って
アップグレードしていくように

Oracle Databaseアップグレード・ガイドを見てると
そう思ってしまいます

ってことは、旧データベース環境を
新のデータベース環境では使えないように思えますが・・・・

まだまだ、アップグレードには調査が必要です・・・


Oracle Databaseアップグレード・ガイドを読み取る
読解力が私には足りないのかも・・・
Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:35 | ニューヨーク ☁ | アップグレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。