2016/05/17時点で価格を確認済み
【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事が?
(税込の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「28,728円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「26,720円
差額として2,008円」お得に受験できます、楽天で買った方がお得
(税抜の価格で比較)
Oracleのサイトでチケット購入するには「26,600 円」
楽天市場のサイトでチケット購入するには「24,741 円」
楽天市場でOracleの受験チケット(電子チケット)の購入には

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:45時点)
感想(7件)


ORACLE MASTER 12c 受験番号一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
・12c SQL基礎[12c SQL] 試験番号 1Z0-061-JPN
Bronze DBA 12c 試験番号 1Z0-065
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-062
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c
試験番号 1Z0-060
最近の記事
2016年05月17日

【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事ができるの?

【格安】ORACLE MASTER 受験チケットをどこで買う事ができるのでしょうか?
ORACLEの資格に受験するためのお金、受験料は安くしたいですよね?

ORACLE MASTERの受験料安くないので
できれば、【格安】で受験チケットを買いたいですね。

それでは、どこで【格安】にORACLE MASTER試験の
受験チケットを買えるかと言うと・・・

それは、楽天市場のお店「IT試験ドットコム」になります。
IT試験ドットコムでは
税込 26,720円
ORACLEのサイトでは
税込 28,728円

楽天市場のお店「IT試験ドットコム」で
ORACLE MASTER 受験チケットを買うと
Oracleのサイトで買うより
「2,008円」もお安く買う事ができます。

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2016/5/17 16:35時点)
感想(7件)




2016年5月17日に
楽天市場内の「IT試験ドットコム」というお店で
Oracleのサイトで受験チケットの料金を確認しました。

ORACLEの資格の受験料に変更など、ある場合がありますので
しっかりと、その時点の料金を
楽天の「IT試験ドットコム」とOracleのサイトの料金を確認する必要がありそうです。
その時点での差額をしっかり、意識して【格安】の受験チケット買いましょう。

posted by Oracclle at 16:43 | ニューヨーク ☀ | Oracle受験チケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月08日

Oracle Database 12cの「Gold」の試験確認(2016/02/08)

Oracleの試験について確認してみました(2016/02/08)
オラクルの12cのバージョンでのオラクルマスターの試験についてです

Oracle Database 12cの「Gold」については
アップグレードの試験しか確認できてませんでした
11gなどのGoldの試験合格者の人が
12cのバージョンのGoldの試験に挑戦するというものです

その詳細がこちらになります
ORACLE MASTER Gold (9i、10g、11gのいずれか) から
ORACLE MASTER Gold 12cへのアップグレード
Upgrade to Oracle Database 12c
試験番号:1Z0-060
試験料(税抜き):26600円
試験時間: 120 分
両セクション合わせての時間です。
出題数:セクション1 = 51問 セクション2 = 34問
合格ライン:セクション1 = 64%; セクション2 = 65%
出題形式:選択問題


ここまでしか確認できてませんでしたが
現時点2016/02/08 4:00時点では
Oracleの12cの「Gold」の試験がアップグレードでない方法
おそらく、通常のOracleの12cの「Gold」のオラクルの試験がありました
その詳細が
Oracle Database 12c: Advanced Administration
試験番号:1Z0-063
試験料(税抜き):26600円
試験時間: 120分
出題数:80問
合格ライン:60%
出題形式:選択問題


定期的にオラクルの試験の様子確認しないとダメですね
楽天市場で「ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c」の
試験勉強の本を探してみましたが
--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold 12cへのアップグレード用
試験番号:1Z0-060


--------------------------------------------
ORACLE MASTER Gold 12c
試験番号:1Z0-063
--------------------------------------------
通常版のORACLE MASTER Gold 12cの「試験番号:1Z0-063」の試験用の
参考書、教科書などまだ販売されていないようです

12c Gold試験を申し込む時は
しっかり試験番号に注意が必要です
「試験番号:1Z0-060」アップグレード用 Oracle 12c Gold
「試験番号:1Z0-063」通常用 Oracle 12c Gold
posted by Oracclle at 04:11 | ニューヨーク ☀ | Gold 12c | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月01日

Oracle インプレースアップグレードの情報

Oracle インプレースアップグレードの情報

Oracleのバージョンアップのための

インプレースという方法の情報あまりないようです

Oracle的に

インプレースでのアップグレードは
あまり推奨していないようにも思えますが・・・・

現場では、
あまり行われていないようにも感じます

11gのOracleホームページが検索にヒットしました
OracleR Databaseアップグレード・ガイド
11g リリース2(11.2)
B56310-08

https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56310/upgrade.htm#CHDHIIHD


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 05:18 | ニューヨーク ☀ | アップグレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月11日

12cの気になるJava Database Connectivity (JDBC)

12cの気になるJava Database Connectivity (JDBC)

Oracle Database 12cリリース1 (12.1.0.1)のReadme情報から
JDBC仕様4.1に準拠するために、ローカル・トランザクション処理にいくつかの変更が加えられました。

setAutoCommit(true)がコールされ、ローカル・トランザクションが存在する場合、そのトランザクションは自動的にコミットされます(旧リリースでは、処理は行われませんでした)。

AUTOCOMMITモードのときにコミットまたはロールバックがコールされると、ドライバでは例外がスローされます(ここでも、旧リリースでは処理が行われませんでした)。ご使用のアプリケーションにこれらの状況が発生する可能性があり、すぐにそのソフトウェアを変更することが難しい場合があります。


Oracle JDBC Drivers READMEから
下位互換性の問題を引き起こす可能性のある意図的な変更

JDBC仕様に従って、AutoCommitがオンの場合に、commit()またはrollback()にコールすると例外がスローされます。

12R1より前は、ドライバは例外をスローしませんでしたが、これは不具合でした(詳細はOracle Bug#11891661を参照してください)。この不具合は12R1で修正されたため、AutoCommitモードがオンの場合、commit()またはrollback()にコールすると、ドライバは例外をスローします。この変更は意図的であり、Oracle JDBCドライバが仕様に準拠するための変更です。

同様に、JDBC仕様では、ローカル・トランザクションの最中にsetAutoCommitがコールされると、トランザクションがコミットされると記述されています。12R1以降、ローカル・トランザクションが検出された場合、setAutoCommitがコールされると、JDBCドライバは暗黙的コミットを発行します。


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 04:07 | ニューヨーク ☔ | 12c | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月05日

Oracleのアップデートはout-of-place

Oracleのアップデートはout-of-place

アップデートには

in-place
out-of-place
2種類がありそうです

Oracleのアップグレードガイドでは
「out-of-place」が紹介されてます

「in-place」は
見つける事すら難しい感じ


やっぱり、
Oracleのアップグレードでは
「out-of-place」が定番になっている??


Oracle オラクル試験を受験



posted by Oracclle at 06:07 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月03日

やっぱり、sqljの使用有無は「#sql」

やっぱり、sqljの使用有無は「#sql」でよさそう

SQLJ宣言は#sqlトークンで開始され〜

ソースコード上からの検索
「#sql」でよさそう

さっき、気になっていた
SQLJ宣言の規則
SQLJ declaration;



「SQLJ宣言は#sqlトークンで開始され〜」
の宣言が記載できる場所ってことですね。

javaのクラスを定義できる場所であれば
どこでもってことが
SQLJ宣言の規則
SQLJ declaration;

だったみたいです

なので、キーワードとしては
javaソースからは
「#sql」で検索すればよさそうです。


Oracleの
SQL開発者ガイドおよびリファレンス
を参考にしました。

参考として
Oracle_homeの配下に
sqljというディレクトリがあります

その配下にlibディレクトリで
その中に
jarファイルがあります
Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 05:11 | ニューヨーク ☁ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sqljを使っているかどうかの確認は?

sqljを使っているかどうかの確認は?

まず、インストールの段階で
「sqlj」を使っているかどうかの確認は・・・

無理っぽいようです

Oracleをインストールすると
sqljもインストールしているみたい

ORACLE_HOMEの配下に
sqljってディレクトリがあるようだし(その中にlibディレクトリ)


では、ソースコード上から検索して調べるには

「#sql」これだけで良さそうな気もしますが・・・・

オラクルのサイトでも
SQLJ文は常に#sqlトークンで開始し〜

ソースコード上からの検索では
あと気になるのが

オラクルのサイトから
SQLJ宣言の規則
SQLJ declaration;


これも検索の対象にすべきか・・・・

SQLJの使用の有無
ソースコード上からの確認は
「#sql」

「SQLJ 」
になるかも?

いや
「#sql」だけでよさそうだけど・・・・

Oracle オラクル試験を受験

posted by Oracclle at 04:54 | ニューヨーク ☁ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sqljって?何?

sqljって?何?

sqljって
javaソースの中にsqlの操作が埋め込み可能ってことのようですが

よく分かりません・・・・

「SQLJ」って有名なもの??それすらよく分かりません

javaのソース上で

#sql
{
INSERT INTO TEST_TABLE〜
};

このような事が書けるようですが

そもそも、SQLJがインストールされているかどうかの確認は??

Oracleをインストールすると
sqljもインストールされるようです

ORACLE_HOMEディレクトリの下に「sqlj」というディレクトリがあり
libディレクトリがあり
その配下に、jarファイルがあるとの事

確かにありました、自宅のパソコンにも
D:\app\test\product\11.1.0\db_1\sqlj\lib
runtime12.jar
runtime12ee.jar

確認したORACLEのバージョン
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

既に、sqljを使える環境があったようです

Oracle オラクル試験を受験


タグ:sqlj
posted by Oracclle at 04:28 | ニューヨーク ☁ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月27日

SYSAUX表領域の適切なサイズ 見積もりツール実行

SYSAUX表領域の適切なサイズを見積もりツール実行してみました 11g
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyssz.sql

utlsyssz.sqlが無いようなので
11gではこちらになるはず?
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyxsz.sql

実行してみました
@utlsyxsz.sql

下記9つの入力を求められました
report_nameに値を入力してください:
intervalに値を入力してください:
retentionに値を入力してください:
num_instancesに値を入力してください:
active_sessionsに値を入力してください:
number_of_tablesに値を入力してください:
number_of_partitionsに値を入力してください:
stats_retentionに値を入力してください:
dml_activityに値を入力してください:


けど何を入力する?
入力する内容が分からない・・・

これは適当な出力ファイル名にすれば
report_nameに値を入力してください:

他の入力は何を入力すれば・・・
intervalに値を入力してください:
retentionに値を入力してください:
num_instancesに値を入力してください:
active_sessionsに値を入力してください:
number_of_tablesに値を入力してください:
number_of_partitionsに値を入力してください:
stats_retentionに値を入力してください:
dml_activityに値を入力してください:

合っているかどうかは不明ですが
入力を求められる際
現システムの状態を表示してくれているかも?

これを入力していけば・・・

| For 'Interval Setting',
| Press to use the current value: 60.0 minutes
| otherwise enter an alternative

intervalに値を入力してください:
「60」と入力すれば?

| For 'Retention Setting',
| Press to use the current value: 8.00 days
| otherwise enter an alternative

retentionに値を入力してください:
「8」と入力すれば?

| For 'Number of Instances',
| Press to use the current value: 1.00
| otherwise enter an alternative

num_instancesに値を入力してください:
「1」と入力すれば?

| For 'Average Number of Active Sessions',
| Press to use the current value: 24.0
| otherwise enter an alternative

active_sessionsに値を入力してください:
「24」と入力すれば?

| For 'Number of Tables',
| Press to use the current value: 78.0
| otherwise enter an alternative

number_of_tablesに値を入力してください:
「78」と入力すれば?

| For 'Number of Partitions',
| Press to use the current value: 0.00
| otherwise enter an alternative

number_of_partitionsに値を入力してください:
「0」と入力すれば?

| For 'Statistics Retention',
| Press to use the current value: 31.0 days
| otherwise enter an alternative

stats_retentionに値を入力してください:
「31」と入力すれば?

| For 'DML Activity',
| Press to use the current value: 2
| otherwise enter an alternative <1=low, 2=medium, 3=high>

dml_activityに値を入力してください:
「2」と入力すれば?

すると・・・

ちゃんと?エラーなく出力できました

| Total Estimated SYSAUX size: 639.7 MB

ファイル名を指定した
report_nameのファイル名でも出力できてます


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 04:32 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SYSAUX表領域の見積もりツール

SYSAUX表領域の見積もりツール

oracleにはSYSAUX表領域の見積もりツールというか

SQLファイルがあるようです


ネットで検索したところ

$oracle_home\rdbms\admin\utlsyssz.sql

こちらのsqlファイルがヒットです
utlsyssz.sql

自宅のoracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production

で早速、そのutlsyssz.sql
存在するかどうか調べてみます

・・・ないです

その後、SYSAUX表領域の見積もりツールで
もう一度検索してみると
今度は
「utlsyxsz.sql」

パスは同じで
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyxsz.sql

今度の「utlsyxsz.sql」は

存在しました


自宅のoracle
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production



oracle 11g
$oracle_home\rdbms\admin\utlsyxsz.sql

Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 04:04 | ニューヨーク ☀ | DBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月23日

アップグレードは、既存の状態をそのまま使いたい

アップグレードは、既存の状態をそのまま使いたい

「インプレース・アップグレード」
こちらの言葉が

既存の状態を保持するってアップグレードするってことのようです

なので、

Oracleのアップグレードと
「インプレース・アップグレード」
こちらの言葉も

Googleなどで検索キーワードにすると

アップグレード前の状態を保持して

アップグレードするってことに

近づけそうです


Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:54 | ニューヨーク ☁ | アップグレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oracleのアップグレードって簡単?

Oracleのアップグレードって簡単?

Database Upgrade Assistantを使えば

GUI上でアップグレードできそうですが

アップグレード前の状態を

アップグレード後にも使いたい

これってできるのかな??


Oracle Databaseアップグレード・ガイドを見てみると

アップグレードするには
Oracle_Homeが変わってしまうように見えますが

アップグレード前の状態を保持して
アップグレードができるか
調査しています

旧データベース

新のデータベースをインストールして
こちらの新の方から「Database Upgrade Assistant」を使って
アップグレードしていくように

Oracle Databaseアップグレード・ガイドを見てると
そう思ってしまいます

ってことは、旧データベース環境を
新のデータベース環境では使えないように思えますが・・・・

まだまだ、アップグレードには調査が必要です・・・


Oracle Databaseアップグレード・ガイドを読み取る
読解力が私には足りないのかも・・・
Oracle オラクル試験を受験
posted by Oracclle at 06:35 | ニューヨーク ☁ | アップグレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle オラクル試験を受験 ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。